FC2ブログ
今日は曇っているのに暑いですね。日差しが強くて暑いのもキツイですが、
蒸し暑いのも考えものですね。こんな陽気にできやすいのは「あせも」。
西洋学的には汗の管が詰まって、皮膚の中に汗がたまって炎症を起こす
と考えられています。では、漢方(中医学)ではどうでしょうか?

漢方(中医学)では、普段は「衛気」と言う物が皮膚の下に巡っています。
それが少なくなると、うまく「衛気」が巡らなくなり炎症を起こし、かゆみが
出たり湿疹ができたりします。また、「衛気」が少なくなる事で外からの
刺激(汗やホコリ、紫外線など)を防御しにくくなり、症状が進行しやすく
なります。

次回は、どのような人がなりやすいか、お伝えします。

さるすべり
暑いので、夏の花の「さるすべり」を。
スポンサーサイト



2015.08.12 Wed l 漢方 あせも l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/9-65c2d743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)