FC2ブログ
就職の為に家から出て行った長男。寮生活(ワンルームタイプで個室になって
いるようです)が始まって、しばらく経ちました。
我々自宅組が彼に対して気になる事は「布団は買ったのか?」という事でした。
彼が生活する寮は、テレビ・冷蔵庫・ミニキッチン・ユニットバス・カーテン・ベッド
まで用意されていたのですが、シーツや掛け布団は用意されていませんでした。
そこで私達が用意した物は、寝袋。これは、「荷物は大小問わず3個まで」と
なっていた事とベッドのサイズがわからない為でした。
「寝袋は簡易的な物だから、向こうに着いたら布団を買いなさい」と伝えておいた
のですが、彼の性格から考えると買っていなさそうな気がしていました。確認すれば
良いのですが、「買っていない」と言われてガッカリするのが嫌で聞けずじまい
でいました。
そんな時に連絡があったので、聞いてみました。返事は「シーツは買った」と…。
彼は寝袋のチャックを全部下げた状態で掛け布団代わりにしているそうですΣ(ω |||)
それを聞いた夫は「寝袋を持たせたのは、ある意味成功である意味失敗だね」
と言っていました。

おくすり本舗 エビネ
…エビネの季節。長男は庭に毎年咲いているのを多分知らない…。


前回は、補聴器の選び方についてお伝えしました。
今回は補聴器との付き合い方についてお伝えいたします。

補聴器との付き合い方
まずは補聴器が苦にならないように付けられるようにする
 …ご自身で付けられる場合でもご家族や周りの方が付けられる場合でも、
  慌てず落ち着いて装着します。うまく入っていない場合はピーピーと
  ハウリング音がするので、入っていない事がわかると思います。
  またキチンと装着したいが為に、痛くならないようにしてください。
  始めは付けるのが難しくても、慣れる事でスムーズな装着ができるように
  なります。

少しずつ補聴器を付ける時間を延ばす
 …今まで聞こえなかった音が聞こえるようになるので、耳が疲れやすく
  なります。始めは2時間くらいで、段々付けている時間を増やすと良いです。

使わない時に、電池のフタを外す習慣を付ける
 …電池のフタを開ける理由は「フタを開ける事で電源が切れ、電源の不要な
   消耗を防ぐ為」「補聴器は湿気が苦手なので、使わない時にはフタを開けて
   湿気を取る(専用のケースに除湿剤が入っています)」です。
   この理由を理解され習慣にする事で、補聴器の故障の原因を減らせます。
   この作業が難しい場合は、購入する前に専門スタッフに相談すると良いです。

お風呂やプール・洗髪の前に補聴器を外す習慣を付ける
 …補聴器は水に弱いです(洗髪一回でも故障する事も)。そして補聴器は
  「水にぬれた事での故障」「紛失」「自分で踏みつけてしまう」事は保証
  対象外です(一部補聴器は違いますが)。
  初めは気にかけているので必ず外すのですが、慣れた頃にうっかり入浴
  してしまう…なんて事が多いようです。これを予防するのには、お風呂場に
  入るドアの所に「耳」とか「補聴器」とか大きく書いてある紙を貼る事。
  あと、激しいスポーツで汗をかく時にも外す習慣を付けてください。

自分の声に慣れる
 …初めて補聴器を付ける方に多いお困りごとの一つです。これには理由が
  あり「今まで聞こえていた自分の声に、補聴器から聞こえる自分の声が
  足される為」「補聴器から聞こえる自分の声と補聴器ナシで聞いていた
  自分の声が違い、違和感を感じる」からです。後者は録音した自分の声を
  聞くと、自分の声でないように感じるのと同じです(周りの方からは同じように
  聞こえます)。
  コレを理解してもらう事と、始めは補聴器の全体のボリュームを少なめに
  しておく事で、少しずつ自分の声に慣れていきます。

気になる音がある場合は、メモをしておく
 …補聴器は最初の設定でボリュームを抑えているのもあり、購入時で完璧に
  聞こえるようにはなりません。使い始めは音の違和感や装着感など、色々
  気になる事が多いです。しばらく使ってみて調節した方が良いので、
  「コレは少しキツいかな?」と思う事やわからなくなってしまった事があった
  時にメモしておくと良いです。そうする事で、専門スタッフがアドバイスや
  調節がしやすくなり、補聴器生活がより良くなります。

まずは自宅で慣れていく
 …少しずつ補聴器に慣れていく事で耳が疲れにくくなり、ご本人の負担が
  減ります。頑張りすぎて「もう補聴器なんて付けない!」なんてなっても
  つまらないですから…。
  耳の負担を考えて、まずは自宅で慣れ、次に家の外、外出…という感じに
  慣れていきます。

会話から楽しめるようにする
 …補聴器は、万能の機械ではありません。その為、まずは1対1での会話が
  スムーズになるようにします。次に外での会話、ザワザワしている所での
  会話、電話、テレビ…という感じでステップアップしていきます。
  その事を理解した上で、焦らずゆっくり補聴器に慣れていきます。

無理をしない程度で掃除をする
 …耳に付ける補聴器は、耳の中に補聴器や耳栓を入れて使います。
  その為どうしても汚れはついてしまい、音を拡張する部分が耳垢で詰まって
  しまう場合があります。この耳垢、少し入った程度なら掃除だけで大丈夫
  なのですが、びっしり詰まってしまうと故障の原因になります。
  掃除の仕方は補聴器によって違うので、購入する時に教えてくれます。
  (購入する時に教えてくれない所は、少し購入を検討されると良いです)
  難しかったり忘れてしまった場合は、遠慮なく専門スタッフに相談しましょう。
  
上手に専門スタッフとお付き合いをする
 …補聴器は、長く付き合う物です。その間に、補聴器に対して困った事や
  わからない事などは必ずでてきます。その時に助けてくれるのが、購入した
  場所での専門スタッフです。補聴器は色々なメーカーがあり、購入した場所
  以外でみてもらっても対応ができない場合があります。またご自宅まで
  来てもらえるか、確認される事を強くオススメします。これは、年齢を重ねる
  事で外出が不自由になった時にメンテナンスが出来るか否かに関わる
  からです。補聴器は、使っているご本人のその時の聴力に合わせる事で
  その方の為だけの補聴器になっていきます。

…長文になってしまいました…申し訳ございません
次回は、耳の聞こえが悪い方の気持ちやそのご家族の気持ちをお伝え
しようと思っております。


漢方相談おくすり本舗のHPはコチラ→https://www.okusurihompo.com/

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



2019.04.23 Tue l 聞こえと補聴器 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

寮生活
なつかしいお話ですね~

御長男さんも初めての寮生活という事で戸惑いとワクワク感の両方を楽しまれているのかもしれないですね。
今現在の寮と言うものは、テレビ・冷蔵庫・ミニキッチン・ユニットバス・カーテン・ベッドが完備されているのも凄いと思いましたし、
私が新社会人として初めて入った寮にはベッドもカーテンも何も無く、文字通り何も無い状態からのスタートでしたので、こういう所からも「時代は変わったね~」と感じてしまいそうです。

寮に寝袋というのはある意味シュールですけど、
新社会人としてのサバイバルが始まったという事では面白いのかもしれないです。

最近は高齢者の車の事故が大きな社会問題になりつつあるようですけど、これって既に言われていますけど、耳の遠い高齢者が周囲の危険音を感じない故の事故も相当あるとのことらしいので、
最近テーマにされている補聴器というのも決して看過できないテーマといえそうですね。
2019.04.23 Tue l ぬくぬく先生 . URL l 編集
ぬくぬく先生へ
長男の勤め先は離島なので、勤め先の方で準備してくれたのだろうとも
思っています。社食があるので、給料が少なくても食いっぱぐれする事は
なさそうです。…今はLINEがあるので便利ですね。あまり離れた気が
しません。

高齢者の事故。気になりますね。
私の両親も夫の両親も元気で車に乗っています。しかし年齢を重ねる事で
反射神経や視力(視野も含めて)・聴力が落ちていくのが現実です。
この類は個人差が非常にあるのですが、正直な所どちらの両親にも
免許返納してもらいたいなぁと思っています。
…でも同居でもなく職場にも自宅からもそれなりの距離があるので、
強く言えないのが現実です。理想としては、長屋みたいな所で自宅を
挟んで両隣が実家になる事。そうすれば買い物や通院・食事などが
ラクなのですが、両家とも自宅が良いと言っています…。

2019.04.24 Wed l 薬屋の嫁. URL l 編集
こんにちは♪
息子さん、寮生活なんですね。
どのように暮らしているのか、母としては気になって仕方がないですよね。
寝袋、私はいいアイデアだったと思いますよ(*^-^*)

補聴器、慣れるまでには時間がかかるのでしょうね...
慣れたら慣れたで、着けてることを忘れて、シャワーを浴びたり...やってしまいそうだなぁと思いました。
2019.04.24 Wed l pil. URL l 編集
こんばんは
ご子息が寮生活開始ですね。
寝袋はある意味で重宝します。
災害時などは断熱マットを追加すれば安眠できますよ。

補聴器も高齢者になると自分で利用できなくなるので
敬遠されるんですよね。
2019.04.24 Wed l ichan. URL l 編集
pilさんへ
長男は学校卒業したら独立するつもりだったので、お金のかからない
寮がある職場を選んでいました。丁寧な会社だったようで、事前に
設備されている物を書面で伝えてくれました。一番良いのは家賃に
光熱費が入っている事。社食もあるので、食いっぱぐれはなさそうです。

入浴で補聴器が故障するのは、本当によくあるようです。
父も浴室のドアに大きく「耳」と書いてある紙を貼っています(^^)
補聴器はベストな状態で使いこなせるようになるまでは、時間がかかります。
補聴器の装着・音の質やボリューム・補聴器を壊さない無くさないように
する為に緊張する・操作に慣れる…等々。
その為、聴力が下がりすぎる前と手先が器用である高齢の中でも若いうち(?)
に付け始めるのがオススメです(…その程度の時は、本人が嫌がる場合が
多いですが…)。聴力の低下により認知症や老人性うつになる場合も
あるので、補聴器で予防できれば…と思っております。
2019.04.25 Thu l 薬屋の嫁. URL l 編集
ichanさんへ
寝袋は2・3日の間に眠れる為の保険として持たせたので、
「なんだかなぁ…」という感じでした(笑い話にはなりますが)。

補聴器を持っていながら使っていない方は多いようです。
理由は様々あり「集音器を買ってしまい、紙のクシャクシャという
音などがうるさすぎる」「補聴器の調節をしたいけれど、店に
行けない・おっくう」「補聴器の装着が難しい」「電池交換などの
手入れが難しい」等…。上手に周りがフォローできない場合も
ありますが、ある程度は補聴器の購入前にご自身の手先の器用さや
環境などを信頼できる専門スタッフに相談する事で、その方の
ニーズにあう補聴器を選んでもらえるとは思います。
…でも、本人が補聴器を付ける気にならないければ難しいですが…。
2019.04.25 Thu l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/480-f43066d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)