FC2ブログ
皆様、神奈川県平塚市にFM放送局があるのをご存知でしょうか?
平塚に基地があり、周辺の市町村が聴く事ができます。そんなFM湘南ナパサに
遊びに行く機会があったので、行ってきました。
FMナパサ ステッカー


もともとラジオが好きな私は「平塚まちゼミ」で「探検!放送局の裏側ツアー」と
いうのを見つけました。行きたいと思った私は夫に「平塚に移転したのだから、
地域の放送局とも仲良くして販促として視野に入れてみては?…その手始めに
どのような局なのか、まちゼミで見てきたい」とプレゼン。夫からは「お客様と約束
していない時間だったら良いよ」と言ってくれました。

平塚まちゼミ
私が見つけた広告。秦野では「商人魂お役立て講座」でした。

直接FMナパサに電話して申込をして、その日になるのを楽しみにしていました。
…しかし、ある時問題が起こりました。なんと、その日は末息子の小学校の
運動会の代休Σ(゚д゚|||)「一人でゆっくり」…なんて思っていたのに…
末息子も行きたいと言うので、局に電話して連れて行って良いか確認。
OKをいただいたので、連れて行く事にしました。
そして、時間をみつけてFMナパサを聴いたりパソコンで調べたりしました。

そして当日。店から歩いて10分程で局に着きました。平塚駅前のビルなので
方向音痴の私でも、迷わず行けました。一番始めは、FMナパサの歴史。
コミュニティ放送局の中では7番目に開局されたそうです(今は300近い)。
電波の規制緩和でコミュニティ放送ができるようになって、平塚商工会議所の
頭首が立ち上げたそうです。
次は、収録する所から見せてくれました。

FMナパサ スタジオ
末息子の頭があるけど、お許しを…

大きい局だとパーソナリティさんは話す専門のようですが、こちらでは一人で
機械も操作する場合が多いそうです。その為、スタジオ内には色々な機材が
ありました。私にはわからないものばかりでしたが…

FMナパサ パソコン
コチラがタイムスケジュール。

電波時計と連動して、パソコンで管理しているそうです。時間を追うごとに
順々に放送とリンクして動くので、面白かったです。

FMナパサ 原稿
ニュースの原稿も見せてもらいました。

ここで教えてもらったのは「書き言葉と読み言葉の違い」でした。
ニュースなどでは、いつ・何が・どこで・何がある(あった)を正確に伝えなくては
ならないので、文章だと終わりあたりにある言葉が読む時には置き換えて
伝える方が聴き取りやすいそうです。

FMナパサ 屋上
そして屋上に。電波塔になっているそうです。

この場所に局を立ち上げたのは、当時の一番高いビルがここだったから
だそうです。もしこのビルが災害で使えなくなった時は、別のビルに電波塔を
用意しているそうです。また災害時にはバッテリーとコンパクトにしてある機材を
持って行けば放送できるようにもしてあるそうです。


店が秦野だったので随分前から知っていましたが、正直に言うと「知っては
いたけど、よくわからないラジオ局」でした。しかし行ってみて、リサーチした
以上に素敵な所でした。すごく楽しかったのですが、夫にプレゼンした
大義名分はどこかへ行ってしまったようです…(/∀\*)


私の職場のHPはコチラ→https://www.okusurihompo.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2018.11.13 Tue l 薬屋の嫁の出来事 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんばんは

地元のFM局だと一般に地域密着型なので、
PRにも良いかもしれません。
感覚が研ぎ澄まされていますね。
でも、・・・。

大手のキー局と違ってパーソナリティさんも
大変そう・・・。
テレビと違って声だけで伝えるラジオ、工夫
されていると感じました。
2018.11.13 Tue l ichan. URL l 編集
ichanさんへ
いつもコメントありがとうございます。

FMナパサは近くにあるのですが、実際にどのくらいの方が聞いているのかはわかりません。
(お店の広告があまりないです)
そのかわりローカルな情報が多いので、地域でいつ何のイベントがあるかはわかりやすいです。
まだまだリサーチしないといけないようです…。

仕事とは別ですが、見に行って本当に楽しかったです。異業種に触れるのも面白いし、
小さなラジオ局ならではの工夫なども感心しました。
2018.11.15 Thu l 薬屋の嫁. URL l 編集
ラジオ
よく「ラジオは既にその役割が終わった」と言っている人もいるようですけど、仕事の移動中の車内で
TBSラジオを聞いている私としては「そんな事ない」と思ってしまいますし、先日の北海道の地震や停電でも示唆されたとおり「ラジオの重要性」が再認識されていたと思います。

そしてこうした地域に密着・特化したFM局というのも間違いなくそのエリアとしての役割・重要性があると思いますし、パーソナリティーさんもご苦労が相当あるとは思いますけど、今後とも頑張ってほしいと
感じたものでした。
2018.11.15 Thu l ぬくぬく先生. URL l 編集
ぬくぬく先生へ
今はラジオが好きなのですが、聴くようになるまでは「聴いている人なんて、少しでしょう」
なんて思っていました。実際は聴いている方が多かったのと、とても面白い事を知りました。

TBSなどの大きなラジオ局も面白いのですが、「緊急時に自分の地域の情報を詳しく発信して
くれる事ができるのは、小さな放送局なのでは?」と思っています。
これからも頑張ってほしいです(^^)

2018.11.17 Sat l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/469-ed33ff95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)