FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › 漢方 › 漢方 芍薬 › 実家の芍薬
2018-05-12 (Sat) 15:00

実家の芍薬

先日、末息子の遠足がありました。翌日は次女(高2)でしたが…
遠足は楽しみにしていたクセに、遠足のしおりを学校に忘れてきました!
実は、前日に学校に上着を忘れて放課後教室まで取りに行きました。
その時に先生から「机の中は(確認しなくて)大丈夫?」と聞かれていた
クセに…!…そんな事を言っても今更なので、遠足に必要そうな物を
用意させて出かけさせました…ヽ( ̄д ̄;)ノ…ふ~。やれやれ…
今回は箱根に遠足。芦ノ湖で遊覧船にも乗りました。それを知った
次女は「えぇ~!私の時は、前の年の子が悪さをして遊覧船に
乗れなかったのに…」と嘆いていました。


先日、実家から芍薬をもらいました。

CIMG7026.jpg
花が店にあるのは、華やかで良いですね♪

芍薬は漢方薬でも使われ、赤と白で効能が変わってきます。
そんな芍薬の事を今回はお伝えいたします。
漢方(中医学)では、赤い芍薬と白い芍薬で効果が違います。
今回は赤い芍薬の説明をいたします。

芍薬の効能~赤芍編~
①赤芍と呼びます。
 …「せきしゃく」と言います。白い芍薬は白芍(びゃくしゃく)と言います。

②熱を冷ます作用がある
 …体表や内臓関係を冷やすのではなく、血液の流れが滞って起こる
  熱に対して冷やします。

③小さな血液の塊を分解する
 …血液の流れが普段より緩やかになったり炎症が起きたりすると、
  血液中に小さな塊ができる場合があります。その小さな塊を分解
  します(大きくなると赤芍では分解しきれないので、別の生薬を
  使います)。

④人間に必要な栄養物質を血管から漏らさないようにする
 …血液中に熱があると考えられる時に、熱を冷ます事で人間に
  必要な栄養物質(血…けつ)を漏らさないようにします。
  収斂作用的なものです。

そんな私の職場はコチラ→漢方相談おくすり本舗
店主のブログはコチラ→おくすり本舗のブログ…今は、健康保険についてです。
お時間がある方・興味のある方は見てください。


にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-05-12

芍薬 * by ぬくぬく先生 
秦野市からの遠足で遊覧船と言う事は、
芦ノ湖が目的地だったのでしょうか・・?
一度だけ芦ノ湖に立ち寄った事がありますけど、
湖とは思えない広大さと行くまでの間の道路がクネクネとアップダウンが大変だったのが印象的でした!

芍薬は紅白と見た目の華やかさがとてもすてきですね~!
そして華やかさではなくて、きちんとお薬としての効能も備わっていて、人に例えると文武両道と言えるのかもしれないですね。
血流にも目を見張る効能を有してもいるのですね!

ぬくぬく先生へ * by 薬屋の嫁
遠足のしおりをしっかりと見ていないのでハッキリとはわかりませんが、
ウォークラリーの後に遊覧船に行ったようでした。知っているのは箱根に
行った事。2週間くらい前にしおりを見た時に、もっとしっかり見ておけば
と今更ながら思っています(^^;

芍薬を店に飾ったのは初めてですが、とても華やかになりました。
ブログでも伝えましたが赤い芍薬と白い芍薬で効能が違い、ある意味
反対の役割をするので少し厄介です。もっと厄介なのは添付文書に
どちらもシャクヤクとしか記されてない事です。中医学の詳しい本では
区分されているのですが…。

Comment-close▲

Comments







非公開コメント

芍薬

秦野市からの遠足で遊覧船と言う事は、
芦ノ湖が目的地だったのでしょうか・・?
一度だけ芦ノ湖に立ち寄った事がありますけど、
湖とは思えない広大さと行くまでの間の道路がクネクネとアップダウンが大変だったのが印象的でした!

芍薬は紅白と見た目の華やかさがとてもすてきですね~!
そして華やかさではなくて、きちんとお薬としての効能も備わっていて、人に例えると文武両道と言えるのかもしれないですね。
血流にも目を見張る効能を有してもいるのですね!
2018-05-12-20:23 ぬくぬく先生  [ 返信 ]

薬屋の嫁

ぬくぬく先生へ

遠足のしおりをしっかりと見ていないのでハッキリとはわかりませんが、
ウォークラリーの後に遊覧船に行ったようでした。知っているのは箱根に
行った事。2週間くらい前にしおりを見た時に、もっとしっかり見ておけば
と今更ながら思っています(^^;

芍薬を店に飾ったのは初めてですが、とても華やかになりました。
ブログでも伝えましたが赤い芍薬と白い芍薬で効能が違い、ある意味
反対の役割をするので少し厄介です。もっと厄介なのは添付文書に
どちらもシャクヤクとしか記されてない事です。中医学の詳しい本では
区分されているのですが…。
2018-05-15-14:41 薬屋の嫁 [ 返信 ]