FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › 漢方 › 漢方 かぼちゃ › かぼちゃの種を調理してみました。続編②
2015-09-11 (Fri) 11:01

かぼちゃの種を調理してみました。続編②

今日は久しぶりの晴れです!ようやく大きな洗濯物が洗える!
いそいそとシーツを洗ってきました♪写真は店の外からの空模様です。
天気の良い空

昨夜、ようやくカボチャの種を食べる事が出来ました!
自宅に帰って、一段落ついたので作りました。
今回は無精者の私でも出来そうな物を選びました。
…それは、フライパンで空炒りして塩で味付けする事です。
少し焦げ目がつく程度でできあがり、と書いてありました。
でもカボチャの種は硬いと思ったので、弱火にして5分程炒りました。
こんがりしてきた種をお皿にあげる。硬い物だから熱いうちに食べた方が
良い、と考え試食。
思ったより硬くなく、ピスタチオみたいな味でした。こんがりした香りもまた
良い感じです。少し塩を振った方が私は好きです。
さっそく子供たちを呼び、食べてもらう。長男は「いらない」と言ってましたが、
他の子供たちは大喜び!パクパク食べていました。

今回初めてカボチャの種を自分で調理して思った事。
①カボチャの種の乾燥は、なるべく早くさせる。(一度カビてしまったので)
②時間が経つと、しけってくるので食べる分だけ空炒りした方が良い。
③カボチャの種は大きくなると硬くなりそうなので、柔らかめの方が食べやすい。
 (硬い場合は爪切りで端をカットして殻をむくと良い、と書いてありました)

美味しかったカボチャの種。でも、殻のままでもサクサクして食べれるなんて
知りませんでした。料理上手な夫は、食べながら「油で素揚げしたら、こんがりして
もっとサクってなるんじゃない?」と言っていました。今回空炒りしていた時に1粒
パンってはじけたので、油で揚げるのは怖いなあ…と思っております。




スポンサーサイト



最終更新日 : 2015-09-16

Comments







非公開コメント