FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › 覚えておくと便利な事 › ケガ › 低温やけどに気を付けて!
2017-01-20 (Fri) 15:18

低温やけどに気を付けて!

午前中に、次女の通っている中学校からメールがきました。

1月20日
な、なんですと~!

受験シーズンはインフルエンザで学級閉鎖がありますが、当日の午後から
休みになったのは初めてでした。末息子以外には「出かける時には鍵を必ず
持っていきなさい」と言ってて良かったです。でも、次女からの連絡はない…!
今回はインフルエンザでなく、風邪によるもの。次女のクラスも風邪や胃腸炎・
インフルエンザなどで休む子が多いそうです。

年末年始の疲れが出て、この寒さと乾燥(予報ではこれから雨だそうですが…)
が重なると、体調も崩れやすいです。どうか皆さま、ご自愛ください。


こう寒いと、色々暖房器具を使う事が多いと思います。
そこで注意していただきたいのが、低温やけど。じわじわとヤケドになっていくので、
気付くのも遅ければ治るのも時間がかかる厄介ものです。皆さまやご家族が痛い
思いをしないで欲しいので、今回からシリーズでお伝えいたします。

低温やけど
①すごく熱い温度でなくても、長時間あて続ける事でなるヤケドの事

②携帯用カイロや湯たんぽを直接肌に当て続けると、なりやすい

③暖房の温風を長時間当て続ける事でもなりやすい

④コタツやホットカーペット・電気毛布でも、なる場合がある

⑤熱い物に触れてのヤケドではないので、気がつくのが遅い

⑥気が付いた時には、かなり進行している

普通のヤケドなら熱い物に触れるので、熱さから離れる為表面だけがヤケドに
なります。しかし低温やけどは、それほど熱くない為ジワジワと時間をかけて
皮膚の奥までヤケドさせてしまいます。
魚を焼く時に強火で焼くと表面だけが焼けて、弱火で焼くと中まで火が通ります。
それと同じで、強火なのが普通のヤケドで弱火のが低温やけどです。

次回は、治療法をお伝えしようと思います。

学校からのメールは10時34分だったのに、未だに次女から連絡がないです・・・。
ちなみに今は、3時10分。とっくに自宅についているハズ!
きっと「連絡する必要がない」と考えたのでしょう…( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト



最終更新日 : 2017-01-20

No title * by ichan
こんばんは。

風邪ひき易い環境ですね。
乾燥、激しい寒暖の差、気を付けないと
駄目ですね。

何となくですが、杉花粉が飛び始めている
ような感じです(鼻センサー)。

ichanさんへ * by 薬屋の嫁
杉花粉ですか!…そう言えば、そんな季節ですね(><)
杉花粉は、年が明けてから温度を毎日計算して300~350℃になると
でるそうです(コレは東日本。西は400~500℃)

…今年は暖かい日が多かったので、花粉の時期は早いのかもしれません。
青魚のEPAがアレルギーに良いとされています。良かったら試してみて
下さい。

Comment-close▲

Comments







非公開コメント

No title

こんばんは。

風邪ひき易い環境ですね。
乾燥、激しい寒暖の差、気を付けないと
駄目ですね。

何となくですが、杉花粉が飛び始めている
ような感じです(鼻センサー)。
2017-01-20-21:17 ichan [ 返信 ]

ichanさんへ

杉花粉ですか!…そう言えば、そんな季節ですね(><)
杉花粉は、年が明けてから温度を毎日計算して300~350℃になると
でるそうです(コレは東日本。西は400~500℃)

…今年は暖かい日が多かったので、花粉の時期は早いのかもしれません。
青魚のEPAがアレルギーに良いとされています。良かったら試してみて
下さい。
2017-01-21-11:37 薬屋の嫁 [ 返信 ]