FC2ブログ
末息子(小1)は靴下を履くのが嫌いです。そのため、すぐに靴下を脱ぎ捨てます。
そして私に「片付けしなさい」といつも言われています。今日も同じなのですが、
片付けながら「今は朝だから臭くないけど、夕方になると臭くなる」…と言って
いました(〃▽〃)この子は靴下の匂いをかいで「くさっ」って言うのが好きなのです…
この言葉を聞き取れなかった夫は「末息子は何を言ってるの?」と聞きました。
内容を伝えると「アホくさい…」と言っていました。
そんな会話も気に留めなかった末息子は「くさっ!」と言って楽しんでいました。


前回は、金糸瓜(きんしうり)の栄養的な事をお伝えしました。
今回は、金糸瓜の下処理(茹でただけですが)についてお伝えいたします。

金糸瓜の下処理

①金糸瓜の両端を切り、3~4cmくらいの輪切りにします。
10月8日
この状態でも、繊維っぽい感じがします。

②茹でます。
10月8日
15分から20分程度。均等に茹でれなかったので、できた物からあげました。

③柔らかくなったら、冷水につけます。
10月8日
冷水につけるのは、早く粗熱を取るためだと思います。

④果肉をほぐします。
10月8日
持っただけでも、こんなにほぐれています。…あぁ!種を取るの忘れていた!

10月8日
力を入れる事なく、むけました。(^^*)♪楽しかった。

⑤ザルにあげて、出来上がり♪
10月8日
大根おろしのツマみたいです。


やってみて思った事は…
①茹でるのは、竹串がスッと入る程度で良いです。
②茹でる前に種を取っておいた方が、ほぐす時はラクだと思います。
 種を取ろうとしても、果肉に絡まって取りにくかったです。
③始めに金糸瓜の両端を切るのは、ほぐす時にラクだからだと思います。
 (コレは事前にアドバイスをいただきましたが…)
④果肉をほぐす時は、少し冷水につけてからの方が良いです。「楽しそう」と
 思って茹でたてを取ろうとしたら、熱かったです(〃▽〃)せっかちなので…

末息子は見向きもしなかったのですが、長男・次女は興味津々でほぐして
いました。…でも一番楽しかったのは、私かもしれません。
次回は食レポをしようと思っております。




スポンサーサイト



2016.10.08 Sat l 旬のもの きんしうり l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/327-30d8b40f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)