FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › 漢方 › 漢方 あけび › 「あけび」を食べました。②
2016-10-01 (Sat) 13:41

「あけび」を食べました。②

今日から10月ですね。店にある日めくりカレンダーも薄くなってきました。
今月のお風呂はコレでした。

10月1日
風情ありますね~(* ´ ▽ ` *)

日めくりカレンダーの月頭には、いつも「○○湯」と紹介してくれます。
今回の紅葉湯は特に効能があるようではなさそうですが、キレイな紅が
湯船に入ってリラックスできそうです。
この時期はキンモクセイも香も花も好きですが、お風呂に入れたら掃除が
大変そうですね(^^;)香は良さそうですが、排水口に詰まってしまいそう…


前回は、アケビの栄養的な事をお伝えしました。
今回は、アケビの雑学っぽい事をお伝えいたします。

アケビの種類
①アケビ
 …昔から山などに自生しているアケビ。葉の数は5枚あります。

②三葉アケビ(ミツバアケビ)
 …葉が3枚のアケビ。紫色のアケビと色がつかないアケビがあります。
  
③五葉アケビ(ゴヨウアケビ)
 …アケビと三葉アケビの交雑種とされています。葉は5枚です。

④白アケビ
 …紫色でないアケビです。


アケビあれこれ
①雌花と雄花がある
 …どちらも、可愛らしい紫色の小さい花です。藤の花のように垂れ下がっている
  のが雄花で、雄花の上の方にあるクローバーをひっくり返したような花が
  雌花です。

②アケビは漢字で「木通」「道草」と書く
 …漢方では「木通(もくつう)」と記されています。
  アケビの漢字が木通になったのは、アケビの茎が空洞になっているから
  だそうです。

③アケビの語源は「開け実」から
 …実が熟すとパカっと果皮が割れるアケビ。開く実なので、「開け実」そして
  「アケビ」となったそうです。

④種から油ができる
 …江戸時代には、アケビの種から油をとっていたようです。


以前は普通に山に登ればあったアケビ。今は栽培されて、季節になると
市場に出回るようになりました。
…そのうち木苺なども果物として市場に出るのですかね…(もう苗は販売
されているようですが…)

9月30日
こちらは、いただいたアケビ。色のついていないアケビは初めて見ました。




スポンサーサイト



最終更新日 : 2016-10-01

Comments







非公開コメント