FC2ブログ
先日夫が「その服、どうしたの?」と私に聞きました(;゜0゜)たま~に着ていますが…
その服は、私が独身時代にいただいた物。特に誕生日でもなく何かがあった
訳でもなかったのですが、いただきました。大好きなご夫婦からのいただき物
だった事もあり、20年位とってあったのです。
そのご夫婦は安加賀興産の方。当時は自動車部品の運送をされていました。
今は、どうされているのでしょう?自動車部品の下請け工場で働いていた20歳
前の小娘は、40過ぎた立派なオバサンになりました!…と伝えたいです。
ご存知の方がいられたら、コメントください。


皆さまは色々な種類の湿布がありますが、違いはご存知でしょうか?
日光皮膚炎になったり喘息を誘発する場合がある湿布があるのも、ご存知で
しょうか?
今回からは、湿布についてお伝えいたします。

7月6日
「え?そんな事、知らなかった!」となるのが多いのは、湿布です…。

湿布の種類
①温湿布
 …トウガラシエキス等で温め効果のある湿布です。
②冷湿布
 …昔からある、冷やして炎症を抑える湿布です。
③痛み止めの入った湿布
 …温湿布でも冷湿布でもない、痛み止めの入った湿布です。

湿布の形状
①パップ剤
 …昔からある、厚ぼったい湿布です。薬剤に水分が入っています。
  ミルタックスやバンテリンパップ・パテックス等がそうです。
②プラスター剤
 …薬剤に水分が含まれていません。主に温熱療法(血行促進など)に
  使われます。
  トクホンやパスタイムFX7などがそうです。
③テープ剤
 …プラスター剤より薄い湿布。今は、テープ剤の湿布が多いです。
  モーラステープやフェイタス・ボルタレンテープ等がそうです。

次回からは、それぞれのメリット・デメリットをお伝えしようと思います。



スポンサーサイト



2016.07.06 Wed l 湿布 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/270-57b6edac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)