FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › 覚えておくと便利な事 › 日焼け › 日差しが強くなりました(><)⑩
2016-06-15 (Wed) 11:09

日差しが強くなりました(><)⑩

先日、変わったレタスをいただきました。

6月15日
へぇ~!縦長だ~w( ̄o ̄)w

調べてみると、ロメインレタスとかコスレタスと呼ばれているそうです。
サンチュやサラダ菜もレタスの仲間なのも、私は初めて知りました。
色々種類があって、「茎レタス」という物もあるそうですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
知らない事は、本当にたくさんありますね。


前回は、日焼け止めグッズについてお伝えしました。
今回は、日焼けした時の対処法についてお伝えいたします。

日焼けした時は…
①まず冷やす
 …日焼けもヤケドの1種です。冷やす事で、早く炎症を抑え早く治す事が
  できます。水風呂や流水で冷やすのもOKですが、冷えすぎないように
  する事が大事です。砂や海水などの汚れを落とした後、水で濡らした
  バスタオルで冷やすと簡単で気持ち良いです。
  「冷やすから」と言って冷湿布やひえピタ等を貼るのはダメです。

②どの程度の日焼けか判断する
 …病院にいく程なのか、薬を塗る程度なのか、様子をみる程度なのか
  見極める必要があります。

③必要に応じて、薬を塗る
 …炎症を抑える薬があるので、状態にあわせて塗ります。
  状態によっては、ステロイドを使った方が早く治る場合があります。
  抗生物質の入った薬もあります。

④保湿する
 …薬を塗る程でもない場合は、冷やした後に保湿をします。
  普段お使いの化粧水で肌に水分を与え、クリームで水分が逃げない
  ようにフタをします。
  ワセリンでもOKです。…暑い時なので、固くはないと思いますが
  ヒリヒリするようなら少し柔らかめのクリームにすると良いです。

⑤水ぶくれは潰さない
 …炎症があるから、体が自分で冷やそうと水ぶくれを作ります。
  そのまま保護することで、感染を防ぎ下からキレイな肌を作れます。
  もし潰れてしまったら、状態によっては抗生物質を使ったりします。

今は、日焼けでも湿潤療法が主流です。
広範囲の場合はワセリンを塗ってラップをする事もできますが、個人的には
医療用ではないので感染等が気になるのが本音です。
湿潤療法の事については、このブログのカテゴリ「ケガ」で載せているので
気になる方は見て下さい。

次回は、日焼けの時のオススメ品を紹介したいと思います。

  

スポンサーサイト



最終更新日 : 2016-06-15

Comments







非公開コメント