FC2ブログ
コレ、何だかご存知ですか?神奈川中央交通というバス会社から発行された物。

5月27日
ここのバスは40年以上使っていますが、見たのは初めてΣ(゚□゚*)なんじゃこりゃ!?

見ればわかると思いますが、コレはバス会社ではお金と同じ物と考えるようです。
バスに乗った長男が両替をせずに運賃箱に千円入れてしまったので、運転手さんが
長男に渡してくれたそうです…。アホな奴…
私はバスをあまり利用しないので、秦野駅前にある神奈川中央交通の営業所に
長男を行かせ、換金させました。
換金しなくても、バス代になるのも利用する方には良いかもしれませんね(^^)


前回は、漢方(中医学)でのマッサージの考えをお伝えしました。
今回は、漢方(中医学)での鍼・灸の考えをお伝えいたします。

中医学にとって、鍼と灸は同じ考えをもとに治療をすると考えられています。
鍼は刺す事で治療し、灸は温めて治療するだけの差です。

・鍼・灸の良い点
①経絡(けいらく)に鍼や灸をする事で、余計な物を流してラクにする
 …経絡とは、体に必要な栄養分等を全身に運ぶ水路のような物です。
  余計な物がある場合は、鍼や灸で刺激をして流してしまいます。
②鍼や灸をする事で巡りが良くなるので、体に必要な物質やエネルギー
 等がなくても一時的にラクになる
③臓腑のツボに鍼や灸をする事で、症状の原因である臓腑を刺激し
 体をラクにする
 …中医学では、人間の体の働きを5つの臓腑に分けて考えます。
  そして慢性的な症状が出る時は、どこかの臓腑に問題があると
  考えられています。問題のある臓腑のツボを刺激する事で、体が
  ラクになると考えられます。

・鍼・灸の好ましくない点
①鍼・灸は余計な物を流してラクになる治療法なので、体が必要な栄養や
 巡らせる力を補わないと、もとから治らない
②鍼・灸は余計な物を流して一時的にラクになるので、しばらく時間が経つと
 症状がでてしまう
③必要な物質やエネルギー等が足らなくて症状が出ている場合は、一時的
 に巡りが良くなるのでラクになるが、必要な物質等を今までより消耗して
 しまい症状がひどくなる場合がある
④中医学を含む東洋医学を正確に学ばないと、どこが何の治療に繋がるのか
 わからない(鍼を刺して、肺に穴が開いた事故などが報告されています)

・鍼・灸を上手に利用するには…?
①キチンと説明してくれる所で施術を受ける
②時間をかけて問診してくれる所で施術を受ける
③鍼・灸で減ってしまった体に必要な物を補う
④単発で受ける

前回もお伝えしましたが、鍼や灸も治療法の1つだと私は考えています。
(薬屋は治療法として薬を提案するのと同じだと思っていまるので)
しかし、専門的な知識はどの治療法でも必要です。臓腑や経絡の何に問題が
あるのか知った上で治療しないと、事故につながりますから…
(漢方薬でも間違った処方をすると、具合が悪くなる事もあります)


  
スポンサーサイト



2016.05.27 Fri l 雑学!? l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/242-5d0ba2d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)