FC2ブログ
今日は平日です。…しかしなぜか、私の中では祝日気分です(^^;)
子供達を学校に送り出しているハズなのに…。
通勤時もいつもと変わらずの混雑。思ったより普通だったので、夫が驚いて
いました。今日は店の近くの郵便局も銀行も窓口が開いているので、朝から
混んでいました。連休前なのですね…。


前回は、かぶれた時の市販の薬の種類についてお伝えしました。
今回は、市販薬の非ステロイド薬の塗り薬について紹介いたします。

非ステロイド薬(塗り薬)
①抗ヒスタミン薬
 …ヒスタミンが体内に放出される事で、痒みが出ます。この出てしまった
  ヒスタミンを抑えて、痒みを抑える薬です。
  薬の成分としては、ジフェンヒドラミン等です。
②局所麻酔薬
 …皮膚の感覚を麻痺させて、痒みを抑えます。
  薬の成分としては、リドカイン・アミノ安息香酸エチル等です。
③殺菌作用のある薬
 …殺菌する事によって、化膿の予防をします。
  薬の成分としては、イソプロピルメチルフェノール等です。
④ジュクジュクを抑える薬
 …血漿の浸出を抑え、ジュクジュクしないようにします。
  薬の成分としては、酸化亜鉛等です。
⑤潤いを与える物
 …肌に潤いを与える事で、炎症を抑えます。
  グリチルレチン酸等がそうです。
⑥痒み止め
 …抗ヒスタミン薬とは別の作用でなる薬です。
  薬の成分として、クロタミトンがそうです。

ざっと挙げると、このような物があります。市販の非ステロイド薬は、これらを
組み合わせて出来ている薬が多いです。

オイラックスAは、痒み止め成分のクロタミトンの他に炎症を抑える成分や殺菌
作用が入っています。
ラナケインは、痒みを抑える成分のジフェンヒドラミンの他に局所麻酔成分と
殺菌作用の成分が入っています。
レスタミンコーワパウダークリームは、痒みを抑えるジフェンヒドラミンの他に
ジュクジュクを抑える成分や炎症を抑える成分が入っています。

5月2日
当店の非ステロイド薬は、コチラを販売しております。

スポンサーサイト



2016.05.02 Mon l 植物かぶれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/226-4fade2af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)