FC2ブログ
先日は、末息子の授業参観でした。「見に来て」…と言われる間は、かわいい
ですね!来週末は次女の授業参観ですが、以前から「来ないで良いです」と
言うので行く予定はありません。中学生なので当たり前なのですが、ソレに便乗
して「行かなくて良いのでラク」と思っている自分がいます(〃▽〃)
…授業参観で初めて知った事があります。上履きを持って帰る時に昇降口で
上履きを脱ぐのではなく、教室で脱いで上履き袋に入れて昇降口に行って
いました((((;゚Д゚)))))))裸足ですか…!!
まだ1年生だからかな?と思っていたら、他の学年も同じようでした…。

4月30日
今は、PTA総会の後に懇談会があります。色々考えていますね…。


前回は、植物かぶれの対処法についてお伝えしました。
今回は、市販のかぶれの薬についてお伝えいたします。
①非ステロイド薬(塗り薬)
 …痒み等の症状が、比較的軽い場合に使います。ステロイドではないため、
  回数はあまり気にしないですみます。
  痒み止めやジュクジュクを抑える物・殺菌作用・局所麻酔など、薬によって
  入っているものが違います。1種類だけでなく、いくつか併せている薬が多い
  です。
②ステロイド薬(塗り薬)
 …炎症を抑えて、痒みなどを抑えます。症状が辛い時には、まず炎症を抑える
  為にステロイドを使います。短期的に使うだけなら、色素沈着等の副作用は
  心配ないです。化膿している時には、使えません。
  こちらもステロイドだけでなく、抗生物質や殺菌作用・抗ヒスタミン剤(痒み
  止め)と一緒に入っている薬が多いです。
③抗ヒスタミン薬(飲み薬)
 …痒みがでる素のヒスタミンを抑えて、症状をラクにします。塗り薬だけでは
  抑えられない時に、使います。緑内障の方は、注意すべき薬です。
  眠くなりやすい薬なので(誰でもなる訳ではないです)、運転や集中すべき時
  などは控えた方が良いです。
④スクアレン
 …これは薬ではありません。体の中で作られる物質です。スクアレンは、殺菌
  作用や鎮痛作用・健やかな細胞を作る等の効果が期待されます。
  1番優れている所は、体のどこにでも使える所です(市販の塗り薬では、目
  等の粘膜の近くにぬれない物が多いです)。
  

ゴールデンウィークなので、病院がお休みの所が多いと思います。上手に市販の
薬を使って、早くラクにするのも選択肢に入れていただければ…と思います。
次回は、薬の紹介をしたいと思っております(あまりにも種類が多いので^^;)。
  
  
スポンサーサイト



2016.04.30 Sat l 植物かぶれ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

どうもありがとございました
こちらでお礼を言わせてくださいね。
ポピーを画像検索して見ました。そっくりですね。
これが有名なあのポピーだったのか、と勉強になりました。
増えるスピードがはやいのですね。どおりで、いろんなところで見かけます。
教えてくださってどうもありがとうございました。
2016.04.30 Sat l 恵比寿幸三. URL l 編集
Re: どうもありがとございました

お返事ありがとうございます。
増えるスピードが早い事は、いつもブログ見ていただいている方の
記事で知りました(^^;)
自宅に勝手に生えたポピーも、年を追うごとに増えています。
2016.05.02 Mon l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/225-abb5d8bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)