FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › 漢方 症状別 › 漢方 花粉症 › 花粉症の方には、つらい季節です…28
2016-04-21 (Thu) 12:35

花粉症の方には、つらい季節です…28

今年も、ツバメを見かける季節になりました!今まで何度か店の前でツバメが
巣を作って、巣立っていっています。去年も来たのですが、良かれと思って
巣の下にヒサシのような物をつけたら、巣作りを途中で止めてしまいました…。
(ここでは巣を壊される事が多いのです…)
今年は来るのでしょうか?隣の銀行さんに作るかな…?

4月21日
コレは以前の写真。飛んでいる所は私の腕では撮れません(つω-`。)


前回は、花粉症に効きそうな食材についてお伝えしました。
今回は、花粉症に効きそうな料理についてお伝えいたします。

青魚の「のっけ盛り」
目的は…
青魚のEPA・DHAやシソのフラボノイド・αリノレン酸の、アレルギー反応を
抑える効果を利用します。

材料は…
青魚(お刺身用)・玉ねぎ・ねぎ・シソです(量はお好みでお願いします)
お好みのドレッシングも用意して下さい。

作り方
①玉ねぎはスライスして、水にさらす(さらす時間はお好みで)
②ねぎ(あさつきの方が私は好きです)を小口切りにする
③大葉も食べやすいよう、千切り(!?)にする
④青魚をお刺身用につくる
⑤玉ねぎを一番下にして青魚をのせる
⑥青魚の上にネギ・大葉をのせる
⑦お好みのドレッシングをかけて、できあがり。

ドレッシングはポン酢でもイタリアンでも胡麻ドレッシングでもOK。
マヨネーズや柚子胡椒・わさび・ゴマ・ミョウガなどを足しても良いです。


毎度の如く、適当ですね(〃▽〃)
自分で作るのが面倒な時は、お刺身になっている青魚とサラダ・大葉を買って
盛り付けるだけでもOKです。
DHA・EPAは加熱しない方が効率良く摂取できるので、生で食べる調理法を
選びました。
手作りドレッシングを作る方は(私は作りませんが…)、オリーブ油やえごま油等
を使うとアレルギー反応を抑える効果が期待されます。
玉ねぎは血液サラサラにする効果があるので、脳梗塞や心筋梗塞・糖尿病の
予防にもなります。

考えていたら、ものすごく食べたくなりました(´∀`*;)ゞ


スポンサーサイト



最終更新日 : 2016-04-21

Comments







非公開コメント