FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › 漢方 症状別 › 漢方 花粉症 › 花粉症の方には、つらい季節です…③
2016-03-19 (Sat) 12:57

花粉症の方には、つらい季節です…③

昨日の夕方に用事があって自宅に電話したら、部活があるからいないと
思っていた次女がでました!
思わず「何で、今いるの?」と聞き、「え?…習い事があるから…」
なんでも、彼女の部活(文化部ですが)は「部室に入って1時間やると、
部活に出た事になる」らしいのです((((;゚Д゚)))))))なんじゃ、その部活…!!
4月には3年になるのですが、初めて知った事実でした…。
でも思い返してみると、同じ部で次女よりも年上の子が「ゆる~く部活を
やっていた」と聞いたことがあったなぁ…。サボった言い訳であってほしいと
思ってしました…(^^;)


前回は、西洋医学での花粉症の症状がでるまでの説明しました。
今回は、西洋医学での花粉症の治療法をお伝えします。
①飲み薬を使う
 …抗ヒスタミン・抗ロイコトリエン・遊離抑制剤・α交感神経刺激薬・
  抗アレルギー薬などを使って、症状を抑えます。
②点鼻薬を使う
 …抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤・血管収縮剤・ステロイド等を使い
  鼻炎の症状を抑えます。
③点眼薬を使う
 …抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤・ステロイド等を使い、目の痒みを抑え
  ます。
④舌下免疫療法
 …低量のスギ花粉抽出物(医療用)を体内に入れ、様子をみながら量を
  増やして体質を変えようとする方法。スギ花粉に対応なので、他の花粉
  には効果がありません。
⑤レーザー治療
 …鼻の粘膜をレーザーで焼く事で鼻の中でのアレルギーを起こす場を少なく
  する方法。レーザーのタイプや焼き方も幾つか種類があります。

今回は治療法なので、注射は含まれていません(注射の事は別にお伝えします)。
また文章が長くなってしまったので、詳しくお伝えできませんでした( ̄^ ̄)ゞ
次回は、舌下免疫療法についてお伝えします。

3月19日
当店でも、市販の花粉症の薬も用意しております。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2016-03-19

Comments







非公開コメント