FC2ブログ
今朝も神奈川県秦野市は寒かったです。…午前中は風が穏やかなせいか、
日当たりの良い所はコートがなくても平気なくらいでした。(* ´ ▽ ` *)
しかし!当店は東向き。日が当たるのは11時くらいまでです(ノ_<)
店内に日が当っている時間(9時頃から11時頃まで)はエアコンなしでも
十分暖かかったです。

1月14日
貴重な日当たり。ここから離れたくなくなります(〃▽〃)

前回は、今どきの予防接種事情についてお伝えしました。
今回は、ネギについてお伝えします。
この時期はネギが旬なので、色々と皆さまお使いになられていると思います。
栄養価も高いですが、色々効能があったので参考にしていただければ…と
思います。漢方的にもお伝えできる事もあるので、しばらくお付き合い
いただければ…とも思っています。

では、いつもの通り栄養学的な事から。
①緑の部分は緑黄色野菜
 …大根と同じで、白い部分は淡色野菜で緑の部分は緑黄色野菜です。
  緑黄色野菜にはカロテンが入っています。カロテンは健やかな粘膜を維持し、
  抗酸化(アンチエイジング)作用もあります。
  油と一緒に摂ることで、摂取しやすくなります。
②カリウムが入っている
 …体内の塩分を出してくれます。血圧をさげたり、むくみを取ったりします。
③カルシウムが入っている
 …骨も素になるカルシウム。出血を止めたり、イライラを抑えたりします。
④葉酸が入っている
 …妊娠時に必要とされている葉酸。赤血球の細胞を作るのを助けたり、胎児の
  正常な発育の役になったりします。
④硫化アリルが入っている
 …ネギの香り成分です。ビタミンB1の吸収を助けたり、血液をきれいにします
  (血行の良くなります)。また、体が疲れた時に出る乳酸の分解をしたり、
  胃の消化液の分泌を促したりします。殺菌作用や抗ウイルス作用もあります。

ネギの成分の「硫化アリル」が色々な役目をしています。
ネギの白い部分にある成分です。特徴があり…
①刻む事でたくさん出来る
②揮発性が高い
③水に溶けやすい
④熱に弱い
薬味に使うのが一番「硫化アリル」の効果がでそうです。
昔からの民間療法で、「風邪をひいたら、ネギを焼いて首に巻く」というのは
殺菌作用があり揮発性が高いのを利用したのかもしれませんね。

今回は、ここまでにします。
次回は漢方的な考えで、ネギについてお伝えします。

1月14日
実家で作ったネギ。実家サマサマです…。

  

スポンサーサイト



2016.01.14 Thu l 漢方 ネギ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
ネギは私大好きです
こんなに栄養豊富な野菜なんですね
抗ウイルス作用があるなんて驚きですよー
毎日食うかな~(^_^)ニコニコ
2016.01.14 Thu l ひこやん. URL l 編集
Re: No title
緑の部分のネギにはカロテンが入っていて、それが喉や鼻の粘膜を
健やかにしてくれます。健やかな粘膜だとウイルスなどを体内に
入らせないようにするので、抗ウイルス作用がでるんです(^^)

上手に美味しく食べてください♪
2016.01.15 Fri l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/141-8145233b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)