FC2ブログ
店の前にあるイロハモミジが紅葉してきました。今年は寒くなるのが遅かった
せいか、先週あたりからようやく色付いてきました。この木は上から紅葉して
くるので、グラデーションになって綺麗なのです(*^_^*)

12月4日
夫がブログ(おくすり本舗のブログ)でよく載せている木です。
肉眼ではもっと明るいので、紅葉がハッキリ見えます。

前回はミカン湯についてお伝えしました。今回はそのレポートをお伝えします。

12月4日
まず、ミカンの皮をネットに入れました。

12月4日
お風呂にチャポン!湯気で見えないΣ(゚□゚*)

少し蓋をしていたのですが、あまり香りがでませんでした。
そこで、末息子に揉んでもらいました。

12月4日
「良い香り~!!」おもわずウットリ♪

少しお湯がヌルイので、温めようとしたら「温めなくて良い!」と言うので
止めました。しばらくミカンの皮をギューっとして香りを楽しんでいました。
その末息子、シャワーを浴びずに出てきました(肌が弱いので、お風呂上りは
シャワーを浴びさせます)。「シャワー寒いんだもん…」…!!!だから、お湯を
温めようって言ったのに!シャワーを浴びさせ、急いで体を拭きました。
風邪はひきませんでしたが(ミカン湯のおかげ!?長風呂のおかげ!?)ヒヤっと
しました。

香りが良かったミカン湯。「美肌効果もある」と言われているので、期待しましたが
正直イマイチ…って感じでした( ̄^ ̄)ゞ
でも考えるみると「そりゃそうだ」と納得できます。
ミカン湯の美肌効果は、酸化防止と血流改善によっての物です。
酸化防止を今日しても、肌の生まれ変わりは約1カ月。今日の結果は1カ月後に
肌が教えてくれるのです(その間、肌に良くない事をすればその結果も出てしまい
ますが…)
血流改善で肌のくすみを取るのも、肌の生まれ変わりで左右するので結果が出る
のは約1カ月後。血流改善で肌のハリをよくするのも、皮膚の保湿因子が整うまで
時間がかかります。

やはり、1回入浴しただけで効果を期待するのは無謀ですね…反省
次回は私が入浴していた時に、次女が「ミカンの白玉」を作ってくれたので
そのレポートをお伝えします。


スポンサーサイト



2015.12.04 Fri l 漢方 みかん l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
イロハ紅葉のグラデーションって
ホント 綺麗ですよねぇ。
オジさん、大好きです(^▽^)
写真に撮ると、
なぜか綺麗に残らないのがたまにきず・・・(*_*)

ミカン狩り。
関東では伊豆まで行かないとできないと思ってました。
いままでずっと・・・。
そしたら先週lくらいに
ほかの方のブログで(海老名あたりに在住の方)、
秦野か平塚へミカン狩り・・・って記事を見かけましてね、
ちょっと意外でビックリでした(°0°)
2015.12.06 Sun l おでかけ親父. URL l 編集
Re: No title

ミカン狩り…もしかしたら、お近くで出来る所があるかもしれませんよ!
何度か行った事がありますが(子供のコニュニティーで行けます)、
楽しいですよ。ただ秦野のミカンなので、日当たりの良い所のを選ばないと
酸っぱいですが…。
2015.12.07 Mon l 薬屋の嫁. URL l 編集
みかん湯
あーー、みかん湯、なんかいいですね!!
なんか想像するだけでポカポカと温まりそうですね。
たまにですけど家のお風呂ではなくて「銭湯」に行く事があるのですけど、定番のゆず湯ではなくて
この「みかん湯」になっている場合が時折ありまして、銭湯の場合は大きいせいか、ミカンの皮ではなくてみかんそのものをかなり大量に湯船の中にばらまいていました。
あれは・・・香りもそうですけど
やはり気分的になんかポカポカと心まで
温まりそうな感じがありますね。

ま・・・確かにご指摘の通り、速効性というよりは
「気分転換」としての効果の方が期待できそうですね。
みかんの白玉の記事も面白かったですけど、
あれは温めるとイマイチなんですね・・・
いい勉強になります。
確かにパンケーキの中にミカンの皮とかグレープフルーツの皮が少し入るといいアクセントになりますし
香りがよさそうですね。
2015.12.10 Thu l ぬくぬく先生 . URL l 編集
Re: みかん湯
銭湯、良いですね(^^)
みかん湯をしている銭湯もあるのですね。
…こんな事を考えていると、銭湯に行ってみたくなりました。
2015.12.10 Thu l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/109-d4e0bc05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)