FC2ブログ
子供が夏休みに入り、2週間近く経ちました。ようやく子供のいる生活に
慣れてきたのですが、子供も我々もいつもと違う生活にストレスを多少
感じています。そんな時に、急に小4の末息子が欲しいと言った物は
コレでした…。

末息子のひも靴
マジックテープの靴で良いじゃん!

実は去年の夏に夫が「小3にもなってリボン結びできないのは困るだろ?」
と言い、ひも靴なら否応なしにリボン結びを覚えるだろう…となったのです。
しかし本人の気に入るひも靴がなく乗り気でもなかったので、買わずに
いたのです。「夏休みに次女の靴を買う」という言葉を聞いて、思い出した
ようです…。
欲しいと言っただけあって初日は結べずにイライラしていましたが、2・3日
すると早く結べるようになりました。…微妙に違う時もありますが、とりあえず
出来なかったリボン結びができるようになったので良しと考えています(´∀`*;)ゞ


前回は、子供の体質改善を夏休みが向いている理由をお伝えしました。
今回は、生活を改善して体調が良くなった事例をお伝えいたします。

シャワーをマメにして痒み(かゆみ)の軽減
年齢 小1男児(当時の末息子)。アトピー性皮膚炎(普段は症状ナシ)。
症状 夏の暑い時に痒みが強くなる。
原因 汗が刺激になり、痒くなると考えられる。
対応 朝はシャワーで汗を流す、夜は石鹸で洗い入浴する。
    昼間でも大量の汗をかいたら、できればシャワー・できない時は濡れ
    タオルで拭く。
    痒みが強い所はステロイドを短期間使用。
経過 2・3日で痒みが治まる。
※末息子は、食べ過ぎ・環境の変化・疲れ・感情の起伏がある時に痒くなり
  ます。その為、普段は漢方薬を服用し、保湿を心がけています。

夜型から朝型にする事で、感情の起伏の激しい時が減る
年齢 18才女性(当時の長女)。
症状 感情が高ぶると、なかなか落ち着く事ができない。
原因 不規則な生活からの自律神経の乱れと考えられる。
対応 朝はキチンと起こして、朝食をとらせる。
経過 1週間程度で感情の起伏が激しくなる回数が少なくなった。
※長女は漢方薬は嫌いであり、感情の起伏が激しい事に本人が困って
  いませんでした。その為、朝だけはキチンと起こして朝食をとらせ
  自律神経を整えるようにさせました。
 
夜、休ませることで翌日ボーっとしなくなる
年齢 18才女性(次女)
症状 朝起きてもボーっとしている。
原因 夜遅くまで起きているので、疲れがとれないと考えられる。
対応 バイトが休みの時には早く寝させる。
経過 バイトがない日が続くと、朝起きるのがラクな様子。ボーっとしていない。
※次女は粉薬が苦手であり寝れば治るので、漢方薬を使いませんでした。


当たり前の事からちょっとした事まで載せました。
自律神経の乱れによる症状は、漢方薬と規則正しい生活の両立で
早くラクになります。
夏に痒くなる場合は、刺激になる汗の対応で症状の軽減ができます。
だからといって汗をかかない環境に常にいる事はオススメできません。
人間は汗をかく事で体温調節をするのですが、いつでも汗をかける状態には
なっていないのです。ある程度気温のある所で、汗をかく習慣を付ける事で
夏の暑さにも対応できるようになります。汗をキチンとかける状態になって
いないと熱中症になりやすくなるので、注意してください。

漢方相談おくすり本舗のHPはコチラ→https://www.okusurihompo.com/

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
 



FC2Blog Ranking



 


 
スポンサーサイト



2019.08.09 Fri l 漢方 子供 l コメント (8) トラックバック (0) l top