FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › Archive - 2019年06月
2019-06-19 (Wed)

補聴器を考えるタイミングって…?⑧

先日、お客様からいただいた物はコチラ。うわ~!かわいい(((o(*゚▽゚*)o)))彼女は中学生。折り紙が好きで、色々な物を作っているそうです。折り紙やあや取りが苦手な私にとっては「すごい!」の一言。思わず「ここらへんに置いていってくれると嬉しい!」とおねだり。夫が恥ずかしそうにしていました…。彼女の作品は、このような物もあります。前回は聴力の弱い方への話し方についてお伝えしました。今回は、実際に父が補聴器をつけ...

… 続きを読む

精緻ですね! * by ぬくぬく先生 
折り紙は日本のすてきな文化だと思いますし、
普通の一枚のカラーの紙からあんなにも精緻なものが造型されること自体が奇跡といえるのかもしれないです。
お店に飾られると、お客様の心も癒されるものが
あると思います。

ご年配の方に補聴器をつけるように促し説得することは、高齢者の免許返納の説得と同様に大変なご苦労がありそうですね。
お父様との実体験話からもそうしたご苦労が感じ取れました。

ぬくぬく先生へ * by 薬屋の嫁
折り紙って、本当に素敵ですよね。以前に比べて折り紙も色々な
種類があるようです。100均でも種類豊富で「上の子の時より
色々バリエーションがあるなぁ…」と感じています。

補聴器も免許も説得は難しいです(特に私は…)。補聴器は別として
免許に関しては「もっと自分に時間の余裕があれば、強く言えるのに…」
と高齢者の事故のニュースを見る度に思っています。


こんにちは(*^-^*) * by pil
補聴器を着けるって、そんなに抵抗のあるものだとは思っていませんでした。
着け始めても、雑音がうるさく聞こえたり、自分の声が響いたりと、
困ることも多々あるんですね。
そういうことは全く知らなかったので、とても参考になります。
早いうちから着けたほうが、、慣れるのも早いのではと思ったりするのですが、
そう簡単にはいかないものなんですね...

pilさんへ * by 薬屋の嫁
日本人は補聴器文化がヨーロッパに比べて短いのもあり、
抵抗がある方が多いです。そして補聴器に対する思いも
日本人は「聴こえがどうしようもなく悪い人が付ける物」と思い、
補聴器文化が発達している所では「聴こえをよくするための補助」
として思っているような気がします…。

補聴器に対してのデメリットは知っていたのですが、想像以上に
父にとって補聴器のハードルは高かったようです…。そして父は
補聴器を使う時間が短いので、いつまでたっても生活音に慣れないで
います…。身内を説得させるのは、非常に難しいです(><)
本当は、「最近、聴こえが悪いなぁ…」と思う頃から、じっくり
検討するのがベストなんですけどね。遅くなればなる程、脳の
機能の衰え(聴こえても、何を言っているのか理解できない)や
認知症やうつになる可能性が高くなるので…。

Comment-close▲