FC2ブログ
先日、次女の高校で体育祭がありました。今回が最後の体育祭なのも
あってか、お手伝いに奔走していました。初めは衣装作りで、クラス単位
での応援の衣装のサンプル作りからでした。今から3週間前に突然「お母さん、
体育祭の衣装のサンプルでガウチョパンツ作りたいんだけど…」と言って
きました。「ズボンはハードル高いから、ウエスト部分をゴムにしたスカート
の方が良いのでは…?」と反対したのですが、次女は作ると言い張り
私が作り方を教える事に。今の子の家庭科は授業数が少ないようで、
次女は初めてのズボン作り。簡単な型紙があったので、それで作りました。
予算の都合上モンペに変わったそうですが、作れる子が少ない為次女は
学校でも作り、家にも持ち帰って作っていました。テスト期間中の製作は
なかったとはいえ、色々考えさせられました。…でも次女にとっては良い
経験。その為、「お疲れ様」と思う事にしました。

次女初モンペ
当日は、ジャケットも着たそうです。


前回は、聴力が弱い方の周りの方の気持ちについてお伝えしました。
今回は聴力が弱い方への話し方について、お伝えします。

聴力が弱い方への話し方
話をする前に、相手に呼びかける
 …聴力が普通の方でも、何かに集中している時やぼんやりしている時に
  話しかけられても聞き取れない事はあります。これは自分に話しかけら
  れているというのを気が付いてないから。聴力が弱い方に対して話す
  前に呼びかけるのは、今から自分が話するから注意してもらう為です。
  これにより聞きそびれの防止に繋がります。

相手の正面に立ち、口元を見せて話す
 …マスクをされている方とお話をしている時に、聞き逃す事はありませんか?
  これは、口元を見て言葉を判断する時もあるからです。聴力が弱い方は
  聞き取りにくい分、口元を見て言葉を判断する事が多いようです。それを
  上手に利用して、相手に伝えます。

いつも以上に大きな声にしない
 …聴力が弱い方の大半は、「話をしているのは理解できているが、ハッキリ
  聞き取れない」とお悩みのようです。このような方には今より大きな声で
  話しても聞き取りにくいままなのです。大きな声にする代わりに、低い声で
  伝えた方がわかりやすいです。

ゆっくり・ハッキリ話す
 …聴力が弱い方に話を上手に伝えるのには、声を大きくしない代わりに
  聞き取りやすいようハッキリ・ゆっくり話します。多少聞き取りにくい場合
  でもハッキリ話す事で口の動きが大きくなるので、そちらの点でも理解
  しやすくなります。

「理解してないな」と思ったら、違う表現をする
 …聴力は高い音から聞き取りにくくなります。その為、「あ・い・う・え・お」の
  母音は聴きやすいのですが、「さ・し・す・せ・そ」のような子音が聞き取り
  にくいです。例えとして、「7時(しちじ)」を「1時(いちじ)」に間違えたり
  聞き取れない場合は「19時」とか「ななじ」とかに言い換えるのです。
  また「佐藤さん」と「加藤さん」も間違えやすいです。そのような時は
  フルネームで伝えたり、「○○の佐藤さん」と役職や住まれている地区
  など前後の言葉で理解しやすいように伝えると良いです。


このように、いくつかコツがあります。これで全て伝わる訳ではありませんが、
かなり伝わると思います(実際に父もそうでした)。ただ、急いでいる時や
大事な話の時には聞こえてくれていないと感情的になると思います。
…その時は感情的になるかもしれませんが、大事な話の場合は一息ついた時
に再度落ち着いて伝えた方が良いかもしれません。
一番理解していただきたいのは、「耳という器官は音を集める為の物で、
言葉を理解するのは脳である事」
です。誰でも早口でまくし立てられる
ように話されると聞き取りにくいと思います。年齢を重ねる事で、脳の働きも
緩やかになる為(個人差はもちろんありますが…)、ゆっくり・ハッキリ伝える
事で伝わりやすくなるのです。

次回は実際に父が補聴器をつけた時の感想について、お伝えしようと思います。


漢方相談おくすり本舗のHPはコチラ→https://www.okusurihompo.com/

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村




  


スポンサーサイト



2019.06.01 Sat l 聞こえと補聴器 l コメント (6) トラックバック (0) l top