FC2ブログ
先日、お客様からいただいた物はコチラ。

折り紙富士山
うわ~!かわいい(((o(*゚▽゚*)o)))

彼女は中学生。折り紙が好きで、色々な物を作っているそうです。
折り紙やあや取りが苦手な私にとっては「すごい!」の一言。
思わず「ここらへんに置いていってくれると嬉しい!」とおねだり。
夫が恥ずかしそうにしていました…。

おくすり本舗折り紙
彼女の作品は、このような物もあります。


前回は聴力の弱い方への話し方についてお伝えしました。
今回は、実際に父が補聴器をつけた事についてお伝えします。

補聴器を本格的に考えるまで…
補聴器を本格的に考えるようになるまで3・4年前かかった
 …本人も気になったようで、3年くらい前に耳鼻科に相談していたようです。
  その時の内容は私は知りませんが、それでも踏ん切りはつかなかった
  ようです。

補聴器を本格的に考えるきっかけは、母が困ったから
 …数年前から母に「お父さんは、耳が遠い」と言われていたのですが、
  二人でスーパーに買い物に行った時に「お父さん!」と大きな声で母が
  呼んでも聞こえなかった事で決めたようです。母は「この人、誰にむかって
  話しかけているのだろう?」と周りの人から見られて、かなり恥ずかしかった
  ようです。

かなり前から困っていたようだが、補聴器を使おうと思わない
 …父は高い音の聴こえは良くないのですが、低い音はよく聴こえます。
  その為、静かな所で1対1で話す分には困らなかったようです。実際には
  ザワザワしている所だと聞き取れなかったりして苦労した事もあったよう
  ですが…。

補聴器に対するマイナスな情報ばかりが父の所に集まっていた
 …父の周りは補聴器を考える年齢の方が多いです(当然のことですが…)。
  補聴器を購入した方も多いようですが、購入したのに使っていない方も
  多かったようです。その為、「補聴器を買ってもムダなのでは…?」と
  思っていたようです。


実際に補聴器を体験してみて
よく聴こえるようになった
 …父の聴こえに合わせて試聴したので、普段の声よりトーンダウンしても
  不自由なく聴こえました。母は喜びました…

自分の声がうるさく感じる
 …今まで聴こえていた自分の声に補聴器で拾う自分の声が合わさるので、
  うるさく聴こえます。これは付け続ける事で慣れていくのですが、初めは
  嫌だったようです。

水の音や強く吹く時の風の音がうるさい
 …今までうるさく聴こえなかった水道の音。補聴器を付ける事で水道の
  音も大きくなります。母は普段通りに使っているのですが、耳障りなようです。
  補聴器の性質上、ピューピューと風をきる音や新聞をめくる時のカシャカシャ
  という音は、非常に耳障りなのだそうです。

耳栓が入りにくい
 …耳の穴は年齢を重ねる事で、細長くなる傾向があります。父の場合は、
  細長くもありますが耳管(じかん…耳の穴の管の事)が斜め上に向かって
  いました。その為、普通のサイズは入らない状態なのに小さくすると耳栓が
  上手に入っていなくハウリング(補聴器が入っていないと鳴るピーピー音)
  してしまいました。コレは丁度良いサイズに合わせ、父が補聴器を付ける
  時に上に向かって入れる事で解消できました。

補聴器を付けたら、なんでも聴こえると勘違いする
 …かなりの方が「補聴器を付けたら聴力は万全である」と思われますが
  (私もその一人でしたが)、そんな事はありません。静かな所での会話→
  外出時での会話→テレビなどのデジタル音…という感じで慣れていく
  物なのですが、せっかちな父は「早くテレビが聞こえるようになりたい」と
  言っていました…。


実際に使い始めて…
父がテレビを見る時に補聴器をよく使う
 …もともと父は補聴器に求めていた事は「テレビの音をハッキリ聞きたい」
  との事。他でも困るだろうに…と私は思うのですが、一番困っていたのは
  テレビだったようです。テレビをキチンと聞きたいのに聞き取れなかった
  父は、何回か同じ番組を繰り返して聞いて内容を理解していたそうです。
  その為、補聴器を付けるのはムラがあります…。

外出時には、ほとんど使わない
 …初めは「自宅で慣れてから、外で使えば良い」と思っていたのですが、
  (実際に少しずつ慣れていくものだそうです)父の目的はあくまでもテレビ。
  母の「外出時に声をかけてもわからないで困る」という思いは、どこへやら。

補聴器を付ける事には、早く慣れた
 …もともと手先が器用なようで(娘は思っている以上に父親の事を知らない)、
  普通の方より付けにくい耳の割には補聴器を付ける事に対しては苦に
  ならないようです。

④自分の声には、比較的早く慣れた
 …付け始めの時には「自分の声が…」と言っていたのですが、しばらくすると
  「気にならない」と言っていました。しかし水の音はうるさいと言っているので、
  もしかしたら静かな所で一人でテレビを見ている時に補聴器を付けている
  からかもしれません…。



…父の体験記ですが、ほとんど愚痴のようなカンジになってしまいました…。
しかし、父のような方は多いと思います。特に補聴器に対しての悪いイメージが
かなり足を引っ張っていたのには、驚きました。補聴器を付けなくなる理由は
「補聴器でなく集音器で、音が大きいだけでうるさい」「年齢的に手先が不自由で
装着が難しい」「調節ができていなくて不便」「耳栓が合わない為に使わない」
など様々。ご本人の努力も必要ですが、家族のフォローも必要なようです。
想像以上に補聴器を付けない父。「せっかくあるのだから、使ってほしいなぁ…」
と思う私。夫は「お義母さんは、困っていないのかなぁ…」と。それでも、なかなか
上手に説得できないでいます…○| ̄|_身内は難しい…


漢方相談おくすり本舗のHPはコチラ→https://www.okusurihompo.com/

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト



2019.06.19 Wed l 聞こえと補聴器 l コメント (4) トラックバック (0) l top
先日、次女の高校で体育祭がありました。今回が最後の体育祭なのも
あってか、お手伝いに奔走していました。初めは衣装作りで、クラス単位
での応援の衣装のサンプル作りからでした。今から3週間前に突然「お母さん、
体育祭の衣装のサンプルでガウチョパンツ作りたいんだけど…」と言って
きました。「ズボンはハードル高いから、ウエスト部分をゴムにしたスカート
の方が良いのでは…?」と反対したのですが、次女は作ると言い張り
私が作り方を教える事に。今の子の家庭科は授業数が少ないようで、
次女は初めてのズボン作り。簡単な型紙があったので、それで作りました。
予算の都合上モンペに変わったそうですが、作れる子が少ない為次女は
学校でも作り、家にも持ち帰って作っていました。テスト期間中の製作は
なかったとはいえ、色々考えさせられました。…でも次女にとっては良い
経験。その為、「お疲れ様」と思う事にしました。

次女初モンペ
当日は、ジャケットも着たそうです。


前回は、聴力が弱い方の周りの方の気持ちについてお伝えしました。
今回は聴力が弱い方への話し方について、お伝えします。

聴力が弱い方への話し方
話をする前に、相手に呼びかける
 …聴力が普通の方でも、何かに集中している時やぼんやりしている時に
  話しかけられても聞き取れない事はあります。これは自分に話しかけら
  れているというのを気が付いてないから。聴力が弱い方に対して話す
  前に呼びかけるのは、今から自分が話するから注意してもらう為です。
  これにより聞きそびれの防止に繋がります。

相手の正面に立ち、口元を見せて話す
 …マスクをされている方とお話をしている時に、聞き逃す事はありませんか?
  これは、口元を見て言葉を判断する時もあるからです。聴力が弱い方は
  聞き取りにくい分、口元を見て言葉を判断する事が多いようです。それを
  上手に利用して、相手に伝えます。

いつも以上に大きな声にしない
 …聴力が弱い方の大半は、「話をしているのは理解できているが、ハッキリ
  聞き取れない」とお悩みのようです。このような方には今より大きな声で
  話しても聞き取りにくいままなのです。大きな声にする代わりに、低い声で
  伝えた方がわかりやすいです。

ゆっくり・ハッキリ話す
 …聴力が弱い方に話を上手に伝えるのには、声を大きくしない代わりに
  聞き取りやすいようハッキリ・ゆっくり話します。多少聞き取りにくい場合
  でもハッキリ話す事で口の動きが大きくなるので、そちらの点でも理解
  しやすくなります。

「理解してないな」と思ったら、違う表現をする
 …聴力は高い音から聞き取りにくくなります。その為、「あ・い・う・え・お」の
  母音は聴きやすいのですが、「さ・し・す・せ・そ」のような子音が聞き取り
  にくいです。例えとして、「7時(しちじ)」を「1時(いちじ)」に間違えたり
  聞き取れない場合は「19時」とか「ななじ」とかに言い換えるのです。
  また「佐藤さん」と「加藤さん」も間違えやすいです。そのような時は
  フルネームで伝えたり、「○○の佐藤さん」と役職や住まれている地区
  など前後の言葉で理解しやすいように伝えると良いです。


このように、いくつかコツがあります。これで全て伝わる訳ではありませんが、
かなり伝わると思います(実際に父もそうでした)。ただ、急いでいる時や
大事な話の時には聞こえてくれていないと感情的になると思います。
…その時は感情的になるかもしれませんが、大事な話の場合は一息ついた時
に再度落ち着いて伝えた方が良いかもしれません。
一番理解していただきたいのは、「耳という器官は音を集める為の物で、
言葉を理解するのは脳である事」
です。誰でも早口でまくし立てられる
ように話されると聞き取りにくいと思います。年齢を重ねる事で、脳の働きも
緩やかになる為(個人差はもちろんありますが…)、ゆっくり・ハッキリ伝える
事で伝わりやすくなるのです。

次回は実際に父が補聴器をつけた時の感想について、お伝えしようと思います。


漢方相談おくすり本舗のHPはコチラ→https://www.okusurihompo.com/

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村




  


2019.06.01 Sat l 聞こえと補聴器 l コメント (6) トラックバック (0) l top