FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › Archive - 2019年04月
2019-04-23 (Tue)

補聴器を考えるタイミングって…?④

就職の為に家から出て行った長男。寮生活(ワンルームタイプで個室になっているようです)が始まって、しばらく経ちました。我々自宅組が彼に対して気になる事は「布団は買ったのか?」という事でした。彼が生活する寮は、テレビ・冷蔵庫・ミニキッチン・ユニットバス・カーテン・ベッドまで用意されていたのですが、シーツや掛け布団は用意されていませんでした。そこで私達が用意した物は、寝袋。これは、「荷物は大小問わず3個...

… 続きを読む

寮生活 * by ぬくぬく先生 
なつかしいお話ですね~

御長男さんも初めての寮生活という事で戸惑いとワクワク感の両方を楽しまれているのかもしれないですね。
今現在の寮と言うものは、テレビ・冷蔵庫・ミニキッチン・ユニットバス・カーテン・ベッドが完備されているのも凄いと思いましたし、
私が新社会人として初めて入った寮にはベッドもカーテンも何も無く、文字通り何も無い状態からのスタートでしたので、こういう所からも「時代は変わったね~」と感じてしまいそうです。

寮に寝袋というのはある意味シュールですけど、
新社会人としてのサバイバルが始まったという事では面白いのかもしれないです。

最近は高齢者の車の事故が大きな社会問題になりつつあるようですけど、これって既に言われていますけど、耳の遠い高齢者が周囲の危険音を感じない故の事故も相当あるとのことらしいので、
最近テーマにされている補聴器というのも決して看過できないテーマといえそうですね。

ぬくぬく先生へ * by 薬屋の嫁
長男の勤め先は離島なので、勤め先の方で準備してくれたのだろうとも
思っています。社食があるので、給料が少なくても食いっぱぐれする事は
なさそうです。…今はLINEがあるので便利ですね。あまり離れた気が
しません。

高齢者の事故。気になりますね。
私の両親も夫の両親も元気で車に乗っています。しかし年齢を重ねる事で
反射神経や視力(視野も含めて)・聴力が落ちていくのが現実です。
この類は個人差が非常にあるのですが、正直な所どちらの両親にも
免許返納してもらいたいなぁと思っています。
…でも同居でもなく職場にも自宅からもそれなりの距離があるので、
強く言えないのが現実です。理想としては、長屋みたいな所で自宅を
挟んで両隣が実家になる事。そうすれば買い物や通院・食事などが
ラクなのですが、両家とも自宅が良いと言っています…。


こんにちは♪ * by pil
息子さん、寮生活なんですね。
どのように暮らしているのか、母としては気になって仕方がないですよね。
寝袋、私はいいアイデアだったと思いますよ(*^-^*)

補聴器、慣れるまでには時間がかかるのでしょうね...
慣れたら慣れたで、着けてることを忘れて、シャワーを浴びたり...やってしまいそうだなぁと思いました。

こんばんは * by ichan
ご子息が寮生活開始ですね。
寝袋はある意味で重宝します。
災害時などは断熱マットを追加すれば安眠できますよ。

補聴器も高齢者になると自分で利用できなくなるので
敬遠されるんですよね。

pilさんへ * by 薬屋の嫁
長男は学校卒業したら独立するつもりだったので、お金のかからない
寮がある職場を選んでいました。丁寧な会社だったようで、事前に
設備されている物を書面で伝えてくれました。一番良いのは家賃に
光熱費が入っている事。社食もあるので、食いっぱぐれはなさそうです。

入浴で補聴器が故障するのは、本当によくあるようです。
父も浴室のドアに大きく「耳」と書いてある紙を貼っています(^^)
補聴器はベストな状態で使いこなせるようになるまでは、時間がかかります。
補聴器の装着・音の質やボリューム・補聴器を壊さない無くさないように
する為に緊張する・操作に慣れる…等々。
その為、聴力が下がりすぎる前と手先が器用である高齢の中でも若いうち(?)
に付け始めるのがオススメです(…その程度の時は、本人が嫌がる場合が
多いですが…)。聴力の低下により認知症や老人性うつになる場合も
あるので、補聴器で予防できれば…と思っております。

ichanさんへ * by 薬屋の嫁
寝袋は2・3日の間に眠れる為の保険として持たせたので、
「なんだかなぁ…」という感じでした(笑い話にはなりますが)。

補聴器を持っていながら使っていない方は多いようです。
理由は様々あり「集音器を買ってしまい、紙のクシャクシャという
音などがうるさすぎる」「補聴器の調節をしたいけれど、店に
行けない・おっくう」「補聴器の装着が難しい」「電池交換などの
手入れが難しい」等…。上手に周りがフォローできない場合も
ありますが、ある程度は補聴器の購入前にご自身の手先の器用さや
環境などを信頼できる専門スタッフに相談する事で、その方の
ニーズにあう補聴器を選んでもらえるとは思います。
…でも、本人が補聴器を付ける気にならないければ難しいですが…。

Comment-close▲