FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › Archive - 2019年03月
2019-03-26 (Tue)

補聴器を考えるタイミングって…?②

店の胡蝶蘭が咲きました!やったー!初めてです o(≧▽≦)o移転した時に頂いた胡蝶蘭が再び咲いてくれました。実は3鉢頂いたのですが、咲いてくれたのはこの鉢だけ。一つは自宅に連れて帰ったのですが、日焼けと水やりが原因で枯らしてしまいました。もう1つは花芽が出ないままです。花が咲いたら、すぐ自慢する私。当然今回も、家族は被害に合っています…。前回は補聴器のメリットデメリットについて、お伝えしました。今回は補聴...

… 続きを読む

耳の塞がり * by ぬくぬく先生
お店の胡蝶蘭の開花おめでとうございます!

丁度桜の開花に合わせて咲いたような感じでも
ありそうですので、ここにも「春が来た!」という
感じなのかもしれないです。

補聴器もなにかと手入れが大変なのかもしれないですし、確かに人によっては「耳が塞がれる」という感覚になる人もいるのかもしれないですね。
補聴器とは関係ないですけど、先日社内のご年配の方で「左耳がなにか塞がれているような感覚があり、
時に耳の聞こえがよくない」という人がいたのですけど、耳鼻科の診察結果では、花粉症によるくしゃみと鼻の噛みすぎと耳掃除のやり過ぎ等によって
鼓膜が少し傷ついているという診断結果のようでした。
そんな事もあるものなのですね。

こんにちは * by pil
胡蝶蘭、きれいに咲きましたね♪
嬉しい気持ち、すっごくよくわかります(*^-^*)
経験上、胡蝶蘭は水を控え目にしたほうが、失敗が少ないみたいです。
お花が終わった後は、節(?)を3つほど残して切ると、
節からまた花芽が伸びて楽しめますよ♪

最近の補聴器は小さくて、目立たないみたいですね。
耳の聞こえが悪いというほどではないんですけど、
音によっては聞き取り辛いことがあるような...
耳も、何年かに一度は、診てもらった方がいいのかもしれないですね。

Re: 耳の塞がり * by 薬屋の嫁
今は3つ目の花が咲いてくれているので、見るたびにニタ~っと
しています(^^;


耳の聞こえは天気や体調・鼓膜の状態によっても左右されます。
ぬくぬく先生の会社関係の方は原因がわかっているので、そのうちに
良くなるのだと思います。
ある方は、耳垢がびっしり詰まっていたので耳鼻科で取ってもらったら
聴こえがよくなったそうです。しかしもともと聴力は落ちている方
だったので、しばらくしたら聴こえが悪いと思われたそうですが…。

pilさんへ * by 薬屋の嫁
初めてだったので、有頂天になっています(^^;
水やりは難しいです。気を使っているつもりですが、なかなか…。
節を途中で切ると次が出てくるというのは、先日知りました。
…出てくれると良いなぁ…。

耳の聞こえは、その時の体調でも変わります。そして聞き取りやすい声が
あったり、注意していない時に話かけられると聞き逃したりします。
家族が「pilさん、音が大きいよ」と言われるようなら、一度聴力検査を
されるのも良いかと思います。ご自身で聞こえにくいと思う時の体調や
天気などをチェックされるのも良いと思います。
ちなみに私は疲れてくると、聞き取りにくい時があります。(頭の働きも
かなり鈍りますが…)


Comment-close▲

2019-03-07 (Thu)

補聴器を考えるタイミングって…?

先日、父が補聴器について考えてくれるようになりました。数年前から本人も周りも聞こえが悪いのは理解していたのですが、本人が補聴器を付ける気にならずにいました。付けるのは本人なので、無理強いはできません。その為、今回まで待ちました。…そんな補聴器ですが、いつ・どのようなタイミングで考えるべきなのかわからない方は多いハズです。聞こえが難しくなったご本人やご家族や周りの方の参考になれば…と思い、お伝えいたし...

… 続きを読む

補聴器 * by ぬくぬく先生 
仕事柄高齢者の方と会話をする機会が多いのですけど、人によってはこちらが何言っても
「ああーん??」みたいにしか反応しない人がよくいて、横にいた奥様が
「お父さん、お父さん、補聴器!」といってようやく会話が成立する事も多々ありますけど、この記事を読んで補聴器にもメリットデメリットはあるものだと感じたものでした。
確かに、装着が悪いと結構な高音でピーピー流れてきますね・・

卒業式の定番ソングというと私の世代ですと、仰げば尊しなのかもしれないですけど、最近の世代の皆様は「旅立ちの日」や「さくら」というのも一つの時代の変化なのかもしれないです。

Re: 補聴器 * by 薬屋の嫁
補聴器は小さいので、慣れるまで付けにくい事が多いようです。
かなりの方が、付け始めはピーピー鳴らしています。
次回でお伝えしようと思っていたのですが、奥様の補聴器をご主人が
付けてあげているケースがありました。補聴器を上手に付けるコツ
などもあるので、営業のネタになるかもしれません。

卒業ソングは、時代と共に変化するようですね。
上の子供達の小学校の頃は、森山直太朗さんの「桜」やKiroroさんの
「未来へ」等でした。中学の時は、いきものがかりの「YELL」や
「旅立ちの日に」等だったと思います。末息子(小3)が卒業する時にも、
また違うのでしょうね(高校の卒業式は参加していないので、わかりません)。
始めは「えぇ~?卒業式に歌謡曲(言い方古い…)!?」なんて思って
いたのですが、今は「時代が違うのだから、そういうものだ。」と思える
ようになりました。

お早うございます * by ichan
補聴器を嫌がる高齢者もいるので何とも言えませんが、
定期的な調整を必要とするようで、敷居が髙いですね。

ichanさんへ * by 薬屋の嫁
定期的な調整は、している方がその時の聴力に合わせる事ができます。
また耳穴式の方は、耳垢が入り込んでしまう事で故障の原因になるので
専門スタッフにチェックしてもらう方が良いと思います。
調整の期間としては、付け始めは2週間、次は1ヶ月、その次は3か月、
半年…となっていきます(私の知っている補聴器メーカーですが)。

補聴器は付ければ何でも聴こえるわけではなく、付け方や聴こえるように
なる為のトレーニングが必要になります。それでも補聴器を使えるように
なれば、生活の質や周りの方との付き合い方が変わります。
次回(…だと思いますが)、詳しくお伝えできれば…と思っております。


Comment-close▲