FC2ブログ
先日、末息子(小3)の隣のクラスがインフルエンザでの学級閉鎖になりました。
「末息子のクラスは学級閉鎖にならないで~」と自分勝手な考えをしていましたが、
学級閉鎖にはならずに本日に至っています。正直、ホッとしています…
そして、もうすぐバレンタインデー。薬屋業界では「インフルエンザはバレンタインデー
くらいまで流行る」と言われていて、だいたい受験の終わる時期に落ち着いてきます。

おくすり本舗バレンタイン2019
…そんな訳で、店の末息子人形がバレンタイン仕様になっています。

今シーズン、インフルエンザの新しい処方薬がでました。もう使われた方もいるのでは…?
「もう今更?」という面もありますが(私が早く更新しないからなのですが)
今までとは違ったタイプなので、今回お伝えいたします。

インフルエンザ処方薬「ゾフルーザ」
①インフルエンザウイルスを細胞内で増殖させないようにする
②A型・B型に効果あり
③1回飲むだけで良い
④耐性菌ができている
⑤新薬なので、妊婦さんや授乳中の方は飲めない

…新しい薬は、長い年月使われている薬に比べてどうしても安全性に対しては
難しくなります。認可されて使えるようになっても、その後副作用報告が
あるからです。

…今までの抗インフルエンザ薬との違いは、インフルエンザウイルスの増殖の
しくみを理解していただく事から始まります。
インフルエンザウイルスは…
①体内の細胞にインフルエンザウイルスが侵入する
②細胞に入ったインフルエンザウイルスは、新しいインフルエンザウイルスを
 複製する
③新しくできたインフルエンザウイルスは、細胞から出る
④細胞から出た新しいインフルエンザウイルスは、また別の細胞に侵入し
 インフルエンザウイルスを複製する
⑤この作業が繰り返す事でウイルスが増殖し、症状が出る
…になります。

タミフル等の抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)は、
「新しくできたインフルエンザウイルスが細胞から出ないようにして増殖を抑える」
…です。
ゾフルーザ(新しい抗インフルエンザ薬)は、
「細胞内で新しいインフルエンザウイルスを作らせない事で、増殖を抑える」
…になります。

「新しい抗インフルエンザ薬ができました!」とテレビで放送された時には
「おぉ!スゴイ!製薬メーカー!」と思いました。
…しかし、しばらくしたら「新しいインフルエンザ薬に耐性菌ができた」という
ニュース。思わず「製薬メーカー、かわいそう…。せっかく作ったのに、発表
された後のオンシーズン中(言い方悪いですが)に耐性菌とは…」と…。


漢方相談おくすり本舗のHPはコチラ→https://www.okusurihompo.com/

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村









スポンサーサイト



2019.02.11 Mon l インフルエンザの予備知識 l コメント (4) トラックバック (0) l top