FC2ブログ
先日、自転車で派手に転びました…。大したことはなく済んだのですが、
頭を切ってしまったので周りにいた方が救急車と警察を呼んでくださいました。
救急搬送される程でもないので戻っていただき、警察の方と一緒に事故の
現場検証をしました。その日のうちに病院でみてもらいましたが、異常なし。
傷も縫うことなく終わりました。
きっと出血が多かったから、周りの方は心配して下さったのだと思います。
皆さま、キズが大したことがなくても首から上は出血が多くなるので
覚えておくと良いですよ。
そして転倒時に電話を貸してくださった方、ありがとうございました。本当に
助かりました。


前回は赤紫蘇と青紫蘇の違いについて、お伝えしました。
今回は漢方薬として使われるシソについて、お伝えいたします。

漢方薬としてのシソ
①赤紫蘇を使う
 …梅干しなどに使う、赤い紫蘇です。

②呼び方は「蘇葉(そよう)」「紫蘇葉(しそよう)」等
 …蘇葉と呼ばれる事が多いです。茎の部分では「」と呼びます。

③軽く冷えた時の頭痛・発熱・悪寒
 …紫蘇の香りで巡りを良くする事で、軽い冷えを取ります。
  他の生薬と一緒に使います。

④胸苦しい・胃がつっかえたような感じ・食欲不振の時
 …胃腸の働きが停滞している時に、紫蘇の香りで胃や腸などで停滞している
  物を流すよう促します。こちらの場合も他の生薬と一緒に使います。
  
⑤お腹が張る・気持ち悪い時
 …余計な物があったり物が停滞していると、お腹が張ったり気持ち悪くなる
  場合があります。このような時も紫蘇の香りで巡らせてあげます。
  この場合も他の生薬と一緒に使います。

⑥喉がつっかえたような感じの時
 …ストレスなどで、喉に何も詰まっていないのに飴玉が詰まっているような
  感じになる時があります。このような時には紫蘇の香りが正しい流れになる
  よう、他の生薬と一緒に使い働きかけます。
  
⑦つわりや切迫流産の時
 …何かが原因で巡りが悪くなり停滞すると、その場所で熱を持ってしまいます。
  熱が多くなると子宮の動きも活発になり、本来ならお腹の中にいるべき赤ちゃん
  なのに流れてしまいます。
  つわりは胎児がいる事で妊娠していない時と同じ巡りができなくなるので
  (妊娠していなければ真っ直ぐ流れる所を、胎児がいる為によけなければ
   ならない為)上手に巡らなくなる事で起こります。
  これらの場合でも、他の生薬と一緒に使います。
  
⑧食当たりの時
 …食当たりは、皆さまご存知の通り体によくない物を食べた時になります。
  西洋医学と同じで漢方(中医学)でも、食当たりの時はお腹にあるものを
  まず出してしまう考えです。紫蘇と他の生薬と一緒に使い、お腹にあるものを
  出してあげる働きをします。

…色々効能としてはありますが、香りで巡らせるという考えは同じです。
その為、普段の食事では香りの強い野菜などで代用するのもアリです。

ソヨウ 
コチラは香蘇散。ソヨウ(蘇葉)がそうです。


私の職場のHPはコチラ→https://www.okusurihompo.com/

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



2018.10.22 Mon l 漢方 シソ l コメント (6) トラックバック (0) l top
先週の土曜日は、末息子(小3)の運動会でした。小雨の降るなか競技が
始まりましたが、末息子の出番…という所で中止に。翌日・翌々日は台風
24号の影響が出そうだったので、お休みになりました。
週明けの火曜日が運動会になり天気にも恵まれて、無事終了しました。
私は仕事があったので午前中の末息子の競技を見ただけでしたが、お弁当
持ちで最後まで運動会を見た方も多かったようです。一番驚いたのは
お父さんの参加が多かった事。「急に決まったのに、よく休めたなぁ…」と
思い、そして「販売職の方は、もともとお休みの方もいるのか…」とも思い
ました。…これも、時代なのでしょうね。

運動会 よさこい2018
一番小さいのが末息子。全然気が付いていません…。


前回は、シソに入っているαリノレン酸についてお伝えしました。
今回は赤紫蘇と青紫蘇の違いについてお伝えいたします。

赤紫蘇と青紫蘇の違い
①色が違う
 …見た目でわかりますが、赤と緑で違います。

②赤紫蘇は酸と反応すると、赤く発色する
 …赤紫蘇の赤はシソニンと呼ばれるアントシアニン色素があります。
  これが梅干しや紅ショウガ・柴漬けの色付けになります。

③薬効が高いのが赤紫蘇、栄養価が高いのは青紫蘇と言われている
 …漢方薬で使うのは、赤紫蘇です。


青紫蘇と大葉は同じもので、青紫蘇は葉・芽・穂の部分を別々に販売する為
青紫蘇の葉だとわかりやすいように「大葉」と名付けたのが始まりだそうです。

赤紫蘇に入っているアントシアニンはポリフェノールの一種です。
アントシアニンは酸性の物には赤になり、中性では紫に、アルカリ性だと青に
なります。アントシアニンで有名なのはブルーベリーですが、ナスや紫芋・
紫キャベツ・赤いオクラにも入っています(赤いオクラは茹でたら赤い色素が
とれてしまいましたが…)。

アントシアニンは、目に良いとされているほか抗酸化作用(過剰な活性酸素を
抑える)があるので老化や生活習慣病の予防になります。
アントシアニンは人間で言うメラニン色素の役割をします。アントシアニンが
豊富なビルベリーは白夜の所で育つ為、紫外線から実を守るようにアント
シアニンが多くなっています。

アントシアニン 平塚博物館
当店の近くにある平塚博物館(徒歩約10分)に、こんな掲示物がありました。


次回は漢方(中医学)でのシソ(赤紫蘇)について、お伝えしようと思っております。


私の職場のHPはコチラ→https://www.okusurihompo.com/

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村



2018.10.05 Fri l 漢方 シソ l コメント (6) トラックバック (0) l top