FC2ブログ
しばらくぶりの更新になりました。熱中症の途中だったので「今日こそは更新
しなければ…」と思いながら、2週間ぶりの更新になってしまいました。
それには理由があり、我々の店舗が移動する事になったからです。
店舗の移動と通常の営業を同時期に行っているので、時間に追われる毎日を
送っております。忙しいとは思ってはいたのですが、想像以上に忙しいです。
そして色々思わぬ問題がでてきたりしています…(〃▽〃)
引っ越しは経験していますが、もともと住所が決まっている所だったり会社が
管理をしている所だったりしたので、知らない事ばかり。事実は小説より奇なり
と言いますが、まさに当てはまる毎日を送っております。
今回のブログで、1ヶ月程お休みさせていただきます。落ち着いたら再開
するのでその時には皆さまの所にお邪魔できると思います。
その時には、また贔屓にしていただけると嬉しいです。


梅雨明けして、夜も暑くなりました。急な暑さで体調も崩しがちになります。
それは若い人でも年齢を重ねた方でも一緒です。「無理をしない」が鉄則に
なります。どうか皆さまご自愛ください。
前回は高齢者が熱中症になりやすい理由をお伝えしました。
今回は高齢者の熱中症対策について、お伝えいたします。

高齢者の熱中症対策

①部屋に温度計を置く
 …高齢者は、暑さを感じる機能が低下しています。その為、室温が高く
  なっても暑さを感じる事ができず、熱中症になる場合があります。
  ご自身の体感温度ではなく、温度計を見て室温の調節をすると良いです。

②暑さをガマンしない
 …「省エネ」と思って暑いのにガマンされる方もいられます。体調が悪く
  なったら、それ以上にお金がかかるので上手にエアコンを使ってください。

③風通しを良くする
 …エアコンを使うほどではない室温の時は、窓を開けたり扇風機をつけたり
  して空気の循環をします。直接風に当たると冷える場合は、扇風機の風
  を直接当たらないように壁に風を当てるようにすると良いです。
  夜間は、エアコンをつけない場合ドアは開けておいた方が良いです。
  部屋を閉め切った状態だと、寝ていて気が付かない間に室温が上がり
  熱中症になる場合があるからです。

④通気性の良い服を着る
 …室内の通気性を高めるのも大事ですが、通気性の良い服を着る事で
  体に熱をこもらせないようにできます。

⑤スダレやカーテンを上手に使う
 …夏の日差しはとても強いので、日除けがあると室温も下がりやすいです。
  
⑥常温や暖かい飲み物を、少量をこまめに水分補給をする
 …一気に大量の水分を補給しても、胃腸で体内に吸収される量には
  限りがあります。少量をこまめに水分補給する事で、体内に一定した
  水分を吸収させる事ができます。
  冷たい物が欲しくなりますが、大量に摂る事で胃腸を冷やし夏バテの
  原因になったり、胃腸が弱ったりします。そうなると体内への水分補給が
  上手にできなくなります。
  
⑦無理のない程度の軽い運動をする
 …熱中症は発汗できない事でもなります。その為、汗をかける状態にして
  おかなければなりません。涼しい時間にゆっくりお散歩したり、室内で
  軽いストレッチなどをすると良いです。お散歩や運動はあくまでも無理
  のない程度に。体力には個人差があるので、見極めは肝心です。

⑧気温の高い時間の外出は避ける
 …暑い時の外出は体力を使いますし、熱中症にもなりやすいです。
  無理をしないのも、熱中症対策になります。

もし熱中症になった場合は、慌てず体を冷やして水分補給をします。
冷やす場所は頭と首のあたり・脇の下・足の付け根(鼠径部…そけいぶ)を
中心にすると良いです。
病院に行くべきか悩む時には、熱中症対策リーフレット(青字をクリック)
を参考にしてください。

当店では、熱中症対策の漢方薬があります。7月7日までは現店舗で営業
しておりますので、ご連絡ください。
HPはコチラ→漢方相談おくすり本舗







スポンサーサイト



2018.07.02 Mon l 立秋 熱中症  l コメント (2) トラックバック (0) l top