FC2ブログ
コレは長男も持ち物です。
2018年6月19日
重さ3kg!彼はリュックに入れて持っていきました…。

中身はコチラ。包丁が7本(?)入っていました。w( ̄o ̄)w
2018年6月19日②
包丁が入っている反対側には中華包丁が入っているそうです。

我が家の長男は、調理師専門学校に通っています。
普段は学校にマイ包丁を置いてあるのですが(学校で一括購入しました)、
今回は包丁を自宅で研ぐ為に持って帰ってきました。恥ずかしながら私は
研ぎ石で包丁を研いだ事がありません。当然自宅には研ぎ石がないので、
長男は買って帰ってきました。本来は学校で包丁を研ぐようなのですが、
時間がもったいないと思い自宅で研ぐ事にしたようです。
包丁研ぎを私も見てみたかったのですが、草むしりに奮闘中。そのかわり、
小3の末息子が興味津々で見ていたようです。


梅雨入りしてしばらく経ち、私は毎日天気予報と実際の空模様とにらめっこ
しています。地域差があるのかもしれませんが、神奈川県秦野市は夜降る事が
多いです。気温は、ものすごく暑い日だったり肌寒い日だったり陽気が安定
していません。こんな時は体調を崩しやすいので、皆さま「なんか調子悪い」と
思ったら、早めにお休みください。

今日みたいに気温が低い時は熱中症になりにくいですが、梅雨時でも気温が
ある程度高い時は熱中症になる場合があります。特に注意すべきなのが、
高齢者や小さなお子さんです。小さなお子さんの場合は年齢が低い為
必然的にお家の方や保育士さんが気を付けている事が多いです。しかし
一人暮らしや高齢者だけの家族の場合は、熱中症になっている事が気付き
にくい時があるようです。今回は、高齢者と熱中症についてお伝えいたします。


高齢者が熱中症になりやすい理由

①体液が少ない
 …年齢を重ねる事で、体液が少なくなっていきます。その為、脱水症状を
  起こしやすい体になっています。

②体温調節が難しい
 …年齢を重ねる事で、体温調節する機能が低下してしまいます。

③暑さを感じにくい
 …体温調節する機能だけでなく、暑さ・寒さも感じる能力も低下します。
  その為、熱中症だけでなく低体温症にもなりやすいです。

④喉の渇きを感じにくい
 …こちらの機能も年齢によって低下します。その為、高齢者が喉の渇きを
  訴えた時には軽い脱水症状を起こしている場合があります。


「年齢」で全てを片付けるようでイヤなのですが、それだけ頑張ってきた証拠
として考えていただければ幸いです。
次回は対処法についてお伝えしようと思います。

そんな私の職場はコチラ→漢方相談おくすり本舗
お時間がある方・興味のある方は見てください。

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村





 

スポンサーサイト



2018.06.19 Tue l 立秋 熱中症  l コメント (2) トラックバック (0) l top
先日、沢尻エリカさん主演の「猫は抱くもの」が発表されました!
以前に私のブログで映画の撮影の撮影があった事をお伝えしましたが、実は
この映画の撮影だったのです(*^_^*)…ずーっと黙っていたのを話せて嬉しいです

猫は抱くもの公式HP←コチラをクリックすると最初に予告動画が出ます。

予告の動画でも映っていました!
沢尻エリカさんが「頑張っていれば、きっとうまくいくって…」と言いながら
(思っていながら…が正解なのかもです)走っているシーンがそうです。
走っている背景にテナント募集と貼られているのですが、コレは実際違う物が
貼られています。同じテナント募集なのですが、URの文字が書かれています。
コレはURの文字があったから修正が入ったと思われます。実は道路むかいで
撮影があった時に、床屋さんの看板があり「映って良かったね」なんて床屋さんに
話したら「あの文字は消される…って言われたから映らないよ」と言われたからです。

…撮影では雨が降っていたシーンを撮ったのですが、今回の予告動画では
雨が降っていませんでした。そんな話を一緒にみていた方にしたら「編集は
いくらでも出来るから。雨が降っていても雨が降っていないようにするのは、
簡単らしいよ」…と言われ、「そういうものなのかぁ~」と感心するばかりでした。

猫は抱くもの撮影現場(2018年6月9日)
実際はこんな感じです。

予告を見るたびに「あぁ、この寂れた雰囲気を取りたかったのね…。ベストチョイス
だわ…。」と思っています。今年の秋公開予定と言われていたのですが、6月23日に
公開になったようです。実際の映画には、どのシーンがどのように使われたの
でしょうか?時間があったら、見に行きたいです。

過去のブログですが、興味がある方は見てください。
映画の撮影
映画の撮影②








2018.06.09 Sat l 薬屋の嫁の出来事 l コメント (4) トラックバック (0) l top