FC2ブログ
先日、末息子の運動会がありました。運動の苦手な割には、楽しんで
いたので良かったと思います。徒競走は4人中3番でしたが…
昔の運動会と違う所が色々あります。まずは土曜日に運動会である事。
徒競走は低学年まで(全ての小学校でそうなのかはわかりませんが)。
場所取りは「何時から」と決まっている。末息子の学校では、トラックの周りは
ほぼ「立見席」になっている…。
そして写真屋さんが運動会で撮って販売する写真は、学校に掲示するだけ
でなくインターネットでも見れるようになった事!それ専用の業者があるようです…
…パスワードとIDは必要ですが、写真の申し込み袋の中に手紙で教えて
くれているので便利です。放課後は児童が忘れ物をしても、セキュリティの
為か先生が同行するくらいなので、コレはありがたいです。
自分のペースでじっくり選べるのが良いですね(*´∀`人 ♪

2017年10月14日
実際もらった手紙。この下にアドレスやIDやパスワードを載せてありました。



前回は、西洋医学での飛蚊症の原因についてお伝えしました。
今回は、病院での飛蚊症の治療法についてお伝えいたします。

飛蚊症の治療法~西洋医学編~

飛蚊症だけでなく別の病気が絡んでいる場合
 ①網膜剥離の可能性がある場合
  …レーザー治療して、網膜を剥がれないようにします。
 ②糖尿病網膜症の場合
  …レーザーで網膜症の進行を抑えます。重い場合は外科的手術が
   必要です。
 ③ぶどう膜炎の場合
  …点眼薬で炎症を抑えたり、虹彩(瞳の茶色の部分)と水晶体(瞳の
   黒い部分)がくっつかないようにします。それでも難しい場合は内服薬
   で治療します。

飛蚊症だけの場合
 ①そのまま経過観察する
  …「加齢性だから、心配ない」と言われ、特に処方もない場合があります。
   治療の必要がないと診断されるので、薬も治療もありません。
 ②レーザー治療
  …飛蚊症の原因である硝子体にある濁り等をレーザーで焼いてしまいます。
   ただし全ての眼科でできるようではない事と、片目10万円くらいかかる事、
   1回の治療で治らない場合があるので、メリットとデメリットをよく考えられて
   からの方が良いと思います。
 ③硝子体の交換
  …硝子体が原因の場合に可能な治療です。ただし、硝子体を変えても
   思ったほど効果が出ない場合や網膜剥離になる場合もあるようです。
   硝子体を変える事は目の手術をする事なので、こちらもよく考えられて
   からにしてください。

飛蚊症だけであれば、視界にウヨウヨした物があるので非常に邪魔だと思い
ます。しかし、失明する等の大事な事にはならないし痛みも出ません。
「病気が絡んでいなくて良かった」と思っていただければ…と思っております。

次回は、漢方(中医学)での飛蚊症の考え方についてお伝えしようと思います。

  
 



スポンサーサイト



2017.10.14 Sat l 漢方 飛蚊症 l コメント (4) トラックバック (0) l top