FC2ブログ
先日、気になって買った物はコチラ。

5月25日
ホテイの焼き鳥とコラボかぁ…w(゚o゚)w迷わず購入!

子供のお弁当に使ってみました。いつものシウマイより美味しいとの事
でした。興味は元々あったので、私も食べてみました。
ホテイっぽいか…?と言われると「?」という感じでしたが、お醤油なしで
そのまま美味しくいただきました。味付けしないで済むのは、お弁当向き
ですね♪…と思ったのですが、あの時以外でこのシウマイを見ていないの
です…。探し方が悪いのかしら…?


前回・前々回と、ステロイド投与による体への影響についてお伝えして
きました。…実はまだあるので、今回も続きをお伝えいたします。
くどいようですが、私はステロイドは優れたであると思っています。
それでも副作用が多いのは現実です。良い点と困る点をふまえた上で、
上手に付き合う事がベストだと思っております。

長期連用や大量のステロイド投与による、体への影響
   ~症状は軽いが、頻繁にでやすいもの編~

①脂肪の代謝異常
  …ステロイドの作用には、脂肪の代謝異常があります。
   顔に脂肪がつく事でムーンフェイスに、肩についたら野牛肩(バッファロー
   ハンプ)、お腹周りにつくと中心性肥満になります。また、眼球が飛び出た
   ように見える事もあります。

②肌の異常
  …ステロイドを使う事で、皮膚の再生が遅くなります。
   ざ創(にきび)・多毛・皮膚線条(妊娠線のような物)・皮膚萎縮(皮膚が
   薄くなったり、しわっぽくなる)・皮下出血(赤い斑点やアザみたいになる)
   ・発汗異常などが起こる場合があります。

③月経異常
  …ステロイドの長期使用などで、ホルモンの分泌が少なくなります。
   その為、周期異常・無月経・月経過多・月経過少になる場合があります。

④白血球増多
  …血液中のリンパ球や好塩基球が少なくなる事と、白血球の部類である
   好中球が増える事で、白血球が多くなります。


他にも因果関係がわからない症状や稀な症例もありますが、今回は
止めておきます。気になる方はコメントください。

次回は、漢方(中医学)から考えるステロイドについてお伝えしようと思います。


スポンサーサイト



2017.05.25 Thu l 薬について l コメント (6) トラックバック (0) l top