FC2ブログ
あけましておめでとうございます(…もう4日ですが^^;)。
今年もよろしくお願いいたします。
できる限り、皆さまのブログにお邪魔させていただきたいと思っております。
そして、なるべく皆さまにわかりやすいような情報をお伝えできればと思って
おります。

今年の私のブログでの初笑いとして、コレを用意しました。
1月4日
なんか、薄い鏡餅Σ(ω |||)

我が家では毎年、年末に餅つき機でお餅をつきます。その時に鏡餅も一緒に作る
のですが、今回は末息子(小1)が作ると言いました。出来た時には多少薄い位
でしたが、残りのお餅を私が「のし餅」にしている時に再形成していました…。
気が付いた時には、時すでに遅し…でした。そして、こんな姿に!

1月4日
写真ではわかりずらいですが、真ん中がヘコんでいます…○| ̄|_ガッカリ…

でも笑えるので、お店に飾る事にしました。そして、今日の鏡餅はこんな姿に。
1月4日
隙間が出来てる…!!((((;゚Д゚)))))))

鏡開きの時には、どんな姿になっているのでしょうか…。


前回は、ノロウイルス対策についてお伝えしました。
今回は、病院でのノロウイルスの治療法についてお伝えいたします。

病院でのノロウイルスの治療法
①下痢止めや吐き気止めは、基本的には処方されない
 …ノロウイルスでの急性胃腸炎での特徴である、吐き気と下痢。しかし、コレは
  体がノロウイルスを排出しようとしているためです。吐き気止めや下痢止めを
  使う事で、いつまでも体内にノロウイルスが残ってしまい症状が改善されなく
  なります。そのためこれらの薬は基本的には使用しませんが、状態によっては
  処方される場合があります。

②脱水症状が出そうな時(出た時)には輸液(ゆえき)する
 …水を飲んでも吐いてしまう場合があるノロウイルス。嘔吐や下痢で脱水症状に
  なりやすいのに水分補給がままならない時や、水分補給していても体内に吸収
  する時間より排出する水分量が多い場合があります。
  そのような時には、点滴をして体に必要な水分や栄養分を補います。
  病気によっては輸液出来ない場合もあるので、ドクターに相談されると良い
  です。

③ノロウイルスに対しての抗ウイルス薬がない
 …多くの感染性胃腸炎と同じで、抗ウイルス薬がありません。また予防ワクチン
  も、ありません。


前回もお伝えしたと思いますが、軽症の方が多いのがノロウイルス。そのため、
「お腹の風邪」なんて言われる場合もあります。
次回は、漢方(中医学)でのノロウイルスの考え方についてお伝えしようと思います。







スポンサーサイト



2017.01.04 Wed l 漢方 急性胃腸炎 l コメント (13) トラックバック (0) l top