FC2ブログ
インフルエンザ予防接種をされた方も多くなる季節になりました。
今は治験の状態ですが、インフルエンザ予防接種の錠剤がでたそうです。
「注射より、錠剤の方が良い!」と思われる方も多いはずですよね。
私個人としてはインフルエンザ予防接種は受けませんが、高齢の方や持病を
お持ちの方で受ける方も多いと思います。受ける時は、体調の良い時にして
下さい。できれば陽気も安定している時にしてほしいです。体調がイマイチの
時や陽気で体力を消耗する時に予防接種を受ける事で、インフルエンザに
かかってしまったりする場合があるからです。
皆さまが健康でいるために受ける予防接種なので、安全に受けてほしいと
思っております。私は予防接種を受けない理由はコチラ「インフルエンザの
予防接種」
に載せてあるので、気になる方はクリックして下さい。


前回は、私のぎっくり腰体験をお伝えしました。いや、お恥ずかしい…
今回は、店主(夫)のぎっくり腰体験をお伝えいたします。

夫がぎっくり腰になったのは、3年前の寒い日でした。その日の夫の予定は、
漢方の勉強会兼忘年会でした。なんとなく行きたがらない夫。もしかしたら
何となく調子が悪かったのかも知れません。
午後になり、「俺、腰痛い」と言ってきました。何かの拍子にひねったようで、
特に重い物を持ったとかではありませんでした。その時の夫は「今日突然の
キャンセルは申し訳ない」と思う心と、「もう忘年会の会費払っちゃっている」
という勿体無い精神が働いていました。あと5時間後には出かけるようです。

そこで夫は、自分で漢方薬を選び飲みました。夫もかなり痛かったようで、
ジッと座っていました。横になるのがキツかったからです(。-_-。)タイヘンだ…
2時間後には、少し動けるようになりました。また漢方を飲み、ジッとして…。
出かける頃には、普通に動けていました。

その為、夫は出かけました。忘年会も終わり「二次会に行こうよ」と誘われた
そうです。「俺、腰痛いの!」と言うと「大丈夫、僕も腰痛いから」と言われ、
少しお付き合いしたハズだったと思います。
その後は再発する事はないようです(本人からの申告はないです)。
その代わり、ぎっくり腰にならないように漢方薬を飲んでいます。


自分の体験ではないので、あやふや所が多いですね(〃▽〃)時間も経っているし…
次回は、ぎっくり腰になった時に薬屋で用意できる物をお伝えしようと思います。
スポンサーサイト



2016.11.09 Wed l 漢方 ぎっくり腰 l コメント (0) トラックバック (0) l top