FC2ブログ
末息子が「お母さん、ボクお母さんにおにぎり作ってあげる!」と言ってきました。
理由はコレをゲットしたからです…。

9月5日
近くのヨークマートで「夏祭り」があって、遊ばせていただきました♪

併設されているコジマとタイアップして行ったそうです。
なぜ突然おにぎりを作りたくなったか聞くと「テレビでうまい棒明太子味ご飯が
美味しいって見たから」…だそうですΣ(゚□゚*)そんなの見てたのか!
突然知った情報に慌てる私。ちょっと勇気がでないのでウダウダ言い訳しようと
考えていると、断られると思って末息子の目はウルウル…。
今は当の本人が忘れているのですが、やはり近いうちに食べる事になるでしょう。
食べた事のある方がいられたら、コメントいただけると勇気が出ます(´∀`*;)ゞ


前回は、冬瓜の雑学っぽい事をお伝えしました。
今回は、漢方(中医学)での冬瓜についてお伝えします。

漢方と冬瓜
①冬瓜の種を使う
 …熱を取り、体にある余計な水分を体外に排出します。
  下剤をして使う事もあり、他の生薬と一緒に使います。
  また咳止めや痰切りとして、使う場合もあります。

②冬瓜の皮を使う
 …むくみや尿量減少の時に使います。他の生薬と一緒に使います。

③古くは果肉も薬物として使われていた
 …果肉は熱を取り、余計な水分を出してくれます。
  今は、皮と種を使っています。

冬瓜は皮も果肉も種も体を冷やす作用があります。
冷えが原因で何かの症状が出ている方は、摂りすぎないようにしてください。
(ムクミや咳でも「冷え」が原因の場合があるので)
暑い日に冬瓜を食べて暑気払いするのには、良いと思います。
上手に利用して、美味しく食べてください(^^)











スポンサーサイト



2016.09.05 Mon l 漢方 冬瓜(とうがん) l コメント (2) トラックバック (0) l top