FC2ブログ
夏の花である、サルスベリ。実は、サルスベリは春に咲く木だと思っていました。
幼い頃に住んでいた家の近くで、サルスベリが毎年春に咲いていたからです。
そのサルスベリ以外は近くになかったので、ずっと春の花だと思って大人に
なりました。その木が狂い咲きなのを知ったのは、結婚してから。
アチコチで道路の端に植えてあるのを見かける度に、思いだします(^^)

8月9日
狂い咲きのサルスベリは、淡いピンク色でした(^^)春っぽい色でしたよ♪


今年は「我が家も緑のカーテンを!」と思い、縁台にゴーヤを植えてみました。
夫がゴーヤの親になって、毎日のようにチェックしています((^∀^*))
小ぶりですが、いくつか収穫も出来ています。植物を育てるのが苦手な我々も
これだけ頑張って育ってくれると嬉しいです。
ゴーヤは体に良い…と聞きますが、何が良いのでしょう?漢方的にも伝えられる
事があるので、順にお伝えしたいと思っております。
毎度の如く、栄養的な事から。

ゴーヤの栄養
①ビタミンCが多い
 …美肌効果のあるビタミンC。夏の強い日差しからの肌へのダメージからの
  回復を助けてくれます。

②ビタミンEも多い
 …血行促進や体内でできる活性酸素をやっつける効果が期待できます。
  (活性酸素はヒトが生きていく上で、できてしまう物。多すぎると悪さをする)

③ビタミンKも多い
 …体内のナトリウムを体外に排出されます。高血圧やムクミの効果が期待
  されます。

④モモルデシンがある
 …苦味成分であるモモルデシン。食欲増進や血糖値を下げる効果も期待
  されます。胃を健康にする効果も期待できます。

⑤コロソリン酸が入っている
 …植物インスリンと呼ばれるコロソリン酸。インスリンに似たたんぱく質です。
  血糖値を下げる効果が期待されます。

⑥モリブデンも多い
 …あらゆる動物の体内にあるモリブデン。貧血を予防したり、脂質や糖質の
  代謝の手助けをしたりします。プリン体の分解の手助けもします。


暑い日なので、夏に使えそうな事を多く載せてみました。
次回は、ゴーヤの効果的な栄養の摂り方についてお伝えしたいと思います。

8月9日
コレは、頂いたゴーヤ。自宅のはたくさん採れないので、ありがたいです♪

 
スポンサーサイト



2016.08.09 Tue l 漢方 ゴーヤ  l コメント (0) トラックバック (0) l top