FC2ブログ
先日食べたプリッツの箱の裏はこうでした(´∀`*)

5月28日
紫外線に当てると絵が出てきた!

以前から紫外線に当てると色がつく物があるのは知っていましたが、お菓子の
箱に使われるとは思いませんでした…。
平塚七夕まつりの時に配っていた営業用の団扇の柄が、紫外線に当てると白
から紫に変わる物で初めて知ったのですが、知っているだけに外にでて試して
みました(〃▽〃)子供と変わらない…
日が落ちてからは絵は出ませんでしたが、曇っているときには絵が出ました。
知識では曇りでも紫外線があるのは知っていましたが、ハッキリと証明され
ました(つω-`。)改めて実感しましたよ…


前回は、整骨やリラクゼーション施設などで事故が起こる問題点を挙げました。
今回は、漢方(中医学)でのマッサージの考え方をお伝えいたします。
本当は、鍼・灸まで伝えたかったのですが、文章が長くなったので次回に
しました…。スミマセン…

・マッサージの良い点
①痛みや脹り(はり)がある部分で、その部分で邪魔な物があって巡りが悪く
 なっている場合には、マッサージで流れを良くする事で一時的にラクになる。
②巡らない理由が何かが足らない時であっても、マッサージをして巡りを良く
 するので一時的にラクになる。

・マッサージの好ましくない点
①邪魔な物があってマッサージで流した場合、一時的にラクになるだけで
 しばらく時間が経つと痛くなったりする(邪魔な物を作るシステムが、体に
 残っているので)
②何かが足らなくて痛くなったりした場合でも一時的にラクにはなるが、無理に
 巡らせているため、今まで自分が持っている物質やエネルギーを使ってしまう。
 これを長時間続ける事で、今までより症状が悪化する・疲れる・ビッコをひく・
 姿勢が悪くなるなどの支障が出る。

・マッサージで上手にリフレッシュする為には?
①単発でマッサージをする
②マッサージをやりすぎない(時間・強さなど)
③知識のある所で施術してもらう
④マッサージによって、減ってしまった物(巡らせる力や物質等)を補う

私は、マッサージを全否定している訳ではありません。
1つの治す手段として、マッサージで余計な物をどかしてラクにする事だと
考えています。
同じ方での薬屋の治す手段としては、漢方薬を提案して飲んでもらう事で
余計な物を取る事です。ただし中医学の場合は「余計な物がつく場合は、
体に必要な何かが不足しているから」と考えるので、余計な物を取る事と
体に必要な物を補う事の両方をします。それをする事で、お困りの症状を
早く健康的に治す事が出来るのです。
…しかしコレもマッサージと同じで正しい知識がないと症状はよくなりません。
難しい所ですね(><)

スポンサーサイト



2016.05.26 Thu l 雑学!? l コメント (6) トラックバック (0) l top