FC2ブログ
4月から処方箋を受け取る時におくすり手帳がない場合、医療費が高くなる
のをご存知ですか?
今回は、お薬手帳についてお伝えします。

おくすり手帳の本来の目的は…
①医師や薬剤師が、服用状況を確認できる
②薬の飲み合わせや重複しているかを、確認できる
③余計な薬を減らせる
…です。

なぜ今までは高かったのか?
おくすり手帳に記載するのに手間と費用がかかるので、今まではおくすり手帳
に記載すると医療費(管理指導料)が少し高くなっていました。

なぜ今回、安くなったのか?
おくすり手帳を持たない方が安かったので、持たない人もいました。
これでは、本来の目的がはたせなくなります。
そこでお薬手帳を持ってきている人には管理指導料が安くなり、持たない人
には高くなるようにしました。

安くならない場合が…
①6カ月以上、同じ薬局を利用しない
②初めての薬局
③大病院の前にある薬局

おくすり手帳は、すごく良い物だと思います。
震災時に継続して服用している薬があっても、病院がない又は行けない場合
は非常に便利です。
いくつかの病院にかかっている場合に、今服用している薬を伝えるのにも
便利です。これを伝えなくて過剰に薬を飲んでしまう場合もあるので、病院に
かかる時や処方箋をもらいに行く時には、持っていくことをオススメします。
(我々は処方箋はしていませんが、同じような薬を出してしまわない為と相性が
悪い薬を避けるために持ってきていただいたりします。すごく助かります

しかし、病院ごとでおくすり手帳を持っている方も結構多いのです。゚(゚´Д`゚)゚。
何もないよりかは良いのですが、わかりにくいです。そしてその方が、他の薬を
飲んでいないと医者や薬剤師は思ってしまい、過剰投与がわからない場合が
でてしまいます。
…なので一冊にまとめていただけると良いと思います。

4月25日
上手に活用していただければと思います。



スポンサーサイト



2016.04.25 Mon l 雑学!? l コメント (2) トラックバック (0) l top