FC2ブログ
今日は私の好きなラジオ番組の「ゆうゆうワイド」が最終回でした。ここしばらく
仕事とプライベートが忙しくポツリポツリしか聞いていなかったので、最終回と
わかったのは今日でしたΣ(ω |||)しまった…!!
この番組の素晴らしい所は、あるコーナーで「店に来てほしい」とお願いしたら
丁寧に「スポンサー関係で、薬屋は難しい」と電話をいただいた所です。
断りの理由が某製薬メーカーがスポンサーで、1店の名前を出す事で「あそこの
薬屋はラジオに出ているのに、自分の所は出れないんだ!?」…となるのが困る
からだそうです。確かに大変だ…
でも普通は出来ないなら、スルーしますよね!?
この事があってから、更に番組が好きになりました(^^)来週からは、土曜日の
3時からだそうです。

4月8日
ゆっくり話してくれるので、聴きやすいです♪


何回かに分けて、漢方(中医学)での花粉症の治療法について少し詳しく
お伝えしております。今回も続きをお伝えします。

⑧自律神経系を治す
 …自律神経系が弱っていると、目に症状が出やすくなります(今回は花粉症
  なので、痒みがメインになります)。また自律神経が乱れる事で胃腸の働き
  が弱くなり、粘膜に必要な物質が出来にくくなったり巡らせる力も作りにくく
  なります。
⑨食事・生活面での見直し
 …夜更かしをしていると体に必要な物質を作る時間が減ります。
  また不規則な生活は自律神経を乱し、胃腸の働きが弱くなったりします。
  何よりも冷たい物の飲食の摂りすぎは、控えてください。冷たい物の摂りすぎ
  は、胃腸の働きを悪くし体に余計な水分をかかえやすくします。そうなると、
  鼻炎(特にサラサラな鼻水)になりやすくなります。
  暴飲暴食も胃腸に負担をかけます。
  冷やすような格好も避けたいです。冷えが原因の場合は、症状が悪化します。

食事と生活が花粉症の症状に関係してくるので(症状でもありますが)、「あ…」と
思う方は直せる所から始めると良いと思います。
先天的に五臓六腑の「腎(じん…成長・生殖・泌尿器等が関わる所)」が弱っていて、
胃腸が弱い・巡らせる事が出来ない・必要な物質を全身にばら撒けない事がある
場合は「腎」を補うようにします。

次回は花粉症の予防法をお伝えしたいと思います。





スポンサーサイト



2016.04.08 Fri l 漢方 花粉症 l コメント (0) トラックバック (0) l top