FC2ブログ
今日は、冷たい雨になりました。昨日、灯油を入れておいて良かった…。
昨日が公立高校の入学式だった所は、多かったと思います。昨日が入学式で
良かったと思いました(^^)皆さま、おめでとうございます!
昨日、大泣きしてしまった末息子。今日はニコニコして登校班の集合場所で
バイバイできました!…実は、昨日同じクラスの女の子に泣いていたのを
見られていて「泣いてたね」と言われたのです。そのお陰で「泣いたらいけない」
と思ったフシもあったようです。次女にも笑われていましたが、良い結果に
なって良かったです(」*´∇`)」

4月7日
店の前はかなり水たまりができます(><)

前回も漢方(中医学)での花粉症の治療法について、少し詳しくお伝えして
おります。今回も続きをお伝えします。

⑤潤いをもたせる液を、上手に作れるようにする
 …潤いをもたせる液の1つに「衛気(えき)」があります。衛気は潤いをもたせ
  ますが、外部からの刺激から守る働きもしています。その為、衛気が少なく
  なると巡りが悪くなり、刺激を受けやすくなります。
⑥潤いをもたせる液のバランスを整える
 …衛気は津液(しんえき…リンパ液のような物)と陽気(ようき…巡らせる力)
  が合わさった物です。両方がきちんとある事で衛気も上手にできます。
⑦炎症が強い場合は、炎症を抑える
 …痒み等は炎症があって出る症状です。炎症の強い場合は痒み等を早くラク
  にするために、少し冷やしたりします。また熱がたくさんある事で鼻や目の
  粘膜が更に乾燥するので、冷やす事もあります。
 
  
前回のブログで、津液と衛気を間違えて伝えてしまいました。申し訳ありません
でした。気が付いたので、ブログは訂正させていただきました。

陽気とは、中医学では「気…巡らせる力などの働き」と同じ働きをします。
しかし「冷え」を感じると、「気」の不足ではなく「陽気」の不足になります。
ちなみに「気」の働きは、巡らせる・温める・防御・汗腺などをキュっとしめる・津液
を霧状にする…です。
炎症がひどい場合は冷やすこともありますが、冷えが原因の場合は基本的には
使いません(症状がひどくなるので)


スポンサーサイト



2016.04.07 Thu l 漢方 花粉症 l コメント (0) トラックバック (0) l top