FC2ブログ
店にある日めくりカレンダーは、月の頭に四季風呂暦を載せてあります。
今月はコレでした。

2月1日
梅湯。…風情がありますね(* ´ ▽ ` *)

咲いている梅を花瓶に生けて、浴室に置くと香りがこもるそうです。
梅の香りもストレス解消になるようですよ♪
漢方薬でも梅は使います。(コレはまた何かの機会にお伝えします)
…梅も切り花で販売されているのかしら?桜や桃があるから、きっとあるとは
思いますが…(^^;)


前回は、西洋医学でのアカギレの治療法についてお伝えしました。
今回は、漢方(中医学)でのアカギレになる原因をお伝えします。
①肌になる物質が足らない
 …肌になる物質が足らない事で、肌のカサつきやひびわれ・アカギレになると
  考えられています。
②肌になる物質を送るエネルギーが足らない
 …肌になる物質があっても、物質を送るエネルギーが足らないと手や足まで
  届かなくなります。それで肌が乾燥し、アカギレになったりします。
③寒さにやられる
 …寒くなる事で、いままで巡っていた物が巡りにくくなったりします。
  それで肌になる物質が手や足に届かなくなり、アカギレを起こします。


本当は「どうして肌になる物質が足らなくなるのか?」などを伝えたかったのですが、
文章が長くなってしまいました。
次回は、その部分をお伝えします。

2月1日
今日は本当に寒いです。外は「いかにも冬の天気」って感じです…(><)






スポンサーサイト



2016.02.01 Mon l 漢方 あかぎれ l コメント (0) トラックバック (0) l top