FC2ブログ
今日は車のオイル交換に行ってきました。ガソリンスタンドでお願いできた
ので、自分達の店の開店前に行ってきました。時間が早かったので、20分
かからず終わりました♪(o・ω・)ノ))
その時に頂いたのがこちら。

12月30日
オイル交換などをした人に、無料でプレゼント♪

ジュースやアイスコーヒー等もありましたが、寒かったのでホットをお願い
しました。待っている時間でのサプライズだったので、とても嬉しかった
です(*^-^*)


前回は二日酔いの西洋学的な事をお伝えしました。
今回は二日酔いの漢方(中医学)での事をお伝えします。

漢方(中医学)での二日酔いもアルコールを摂りすぎてなる症状です。
詳しくは…
①アルコールを摂りすぎて、胃を冷やしてしまう
②胃が冷えてしまった為、胃の働きが悪くなる
③胃の働きが悪くなり未消化物が停滞する事で、熱を持つ
④アルコールの摂りすぎによって、体内に余計な水分(湿)がたまる

これらによって、胃痛・吐き気・頭痛・下痢・だるさ等がでます。
治し方として。
①胃腸を温める
②胃腸の働きを良くする
③胃腸にある未消化物などを、どかす

熱がある場合は、熱を冷ますのが基本です。
しかし、今回のように「冷えた事によっての熱」の場合は冷えをとる事で
熱をとる事が出来ます。この考え方も中医学独特ですよね。(物が停滞
する事で、熱を持つのもそうですが^^;)


今回はここまでにします。
次回(明日あげるつもりですが…)は予防法をお伝えします。

12月30日
「食べる前に飲む」の大正漢方胃腸薬は、「安中散」と「芍薬甘草湯」と言う
漢方処方が入っています。これで治る方もいます。言い方キツイなあ…

スポンサーサイト



2015.12.30 Wed l 漢方 二日酔い l コメント (2) トラックバック (0) l top