FC2ブログ
昨日の長女と末息子の会話から。末息子がディズニーのキャラクターの
ジェラトーニ(猫)のポシェットをいじっていました。
長女「○○、何してるの?」
末息子「これがね、ピーンとならないの…」
長女「あー!!ヒゲをそんなに引っ張ったら、ヒゲ取れちゃうよ!!」
長女はディズニー大好き。このポシェットは長女のお気に入りだったようで、
慌てていました。末息子は良かれと思ってやっていたのですがね…。

11月23日
ヒゲにくせがついてしまったようです(ノ_<)


実家から春菊をもらいました。春菊は栄養価も高く、漢方的にも良いので
今回は春菊についてお伝えする事にしました。
いつも通り、まずは栄養学的な所から。
①カロテンが豊富
 …カロテンは、体に入るとビタミンAになります。ビタミンAは皮膚や粘膜を
  守るので、鼻や口の中にある粘膜がウイルスを入りにくくします。
②ビタミンCが入っている
 …ビタミンCは、血液中の白血球を助けます(白血球は病原菌をやっつけ
  ます)。またビタミンCも病原菌をやっつけます。
③カリウムが入っている
 …体にあるナトリウムを体外に出してくれます。血圧がさがったり、むくみ
  にも効果が期待できます。
④クロロフィルが入っている
 …コレステロール値が下がったり、血栓予防に期待されます。
⑤ペリルアルテヒドが入っている
 …香り成分のペリルアルテヒド。食欲増進や胃の調子を整えます。

マグネシウム・カルシウム・リン・鉄分など、春菊はミネラルも豊富です。
次回は春菊の漢方的な考えをお伝えします。

11月23日
春に花を咲かせ、葉が菊に似ているから「春菊」と名付けられたそうです。
私は春菊の花が、どんな物なのか知りませんでした(´∀`*;)ゞ


  



スポンサーサイト



2015.11.23 Mon l 漢方 春菊 l コメント (0) トラックバック (0) l top