FC2ブログ
昨日、末息子は体を冷やしました。その結果、夜中に腹痛・嘔吐・軟便になり
ました。薬屋ですが、自宅から離れていて用意ができません(飲んでもいたので)
お腹を温めれば良いのはわかっていたけど、6歳(年長児)にカイロを貼ったまま
寝させる事が怖くて(低温やけど)お腹中心に毛布をかけていました。
結果はイマイチ。そこで腹巻にカイロを貼り、パジャマの上にはかせました。
ラクになったらしく、寝てくれました(ノ´▽`*)…良かったのですが、寝不足です。

11月18日
慌てていたので転びました。一本だけ強く打ったようです(T_T)
田七を飲んで、早くラクにします…。


前回はインフルエンザ脳症についてお伝えしました。
今回はインフルエンザ対策のグッズについてお伝えします。
①置き型のウイルス除去・除菌グッズ(クレベリンなど)
 …クレベリンは、二酸化塩素でウイルスや菌を除去するものです。
  ただし決まった空間に限り除去できるものなので、ドアの開け閉めで
  またウイルスや菌が入ってきてしまうのです。
②携帯型のウイルス除去・除菌グッズ
 …こちらも、二酸化塩素でウイルスを除去します。…という事は、決まった
  空間に対して除去できるもの。普通、外出時に使う物だと思いますので
  (少なくても私はそうです)広い空間に出ていて効果のほどは…と思います。
③顔にスプレーしてウイルス除去するグッズ
 …シュっと顔にスプレーする事で顔全体をプラスイオンにします。ウイルスは
  プラスイオンなので、スプレーした薬剤とウイルスが反発をして体内に入らない
  ようにする物です。キチンとスプレーされたら効果はあるのでしょうが、汗を
  かいたり洋服の脱ぎ着などで薬剤が取れた時の効果は、どのくらいなのかは
  わかりません。
④マスク
 …以前にもお伝えしましたが、ガーゼのマスクはインフルエンザウイルスを
  通してしまいます。他の方にうつさない為にも使い捨てのマスクを使って下さい。
  大きさもメーカーによって多少違うので、ご自身にあう物をお使い下さい。
  (今はウイルスを通さない使い捨てマスクがほとんどなので、ラクです)
⑤冷却材
 …氷枕などの冷却材は本人が「気持ち良い」と思う時に使えば良いです。
  冷えぴた等のジェルシートは高熱の時に脇や太ももの内側などに貼ると、体が
  冷えやすくなります。濡れないし、ズレないのでオススメです。
⑥加湿器
 …湿度にインフルエンザウイルスは弱い事は以前にお伝えしました。
  加熱式の加湿器の方が、水を煮沸するので雑菌が繁殖しにくいです。
  ただ、スイッチを入れてからしばらくしてから加湿が始まる事と、蒸気が熱く
  なる事を気を付けてください。小さなお子さんがいられたりする場合もあるので、
  ご自身の生活にあった加湿器をお選びください。

もっと他にもありそうですが、今回はここまでにします。私見なので「本当はこう
なんだ!」と思う方もいられるかもしれませんが、お許し下さい。
次回はインフルエンザと漢方(中医学)についてお伝えします。

  
 

  
 
スポンサーサイト



2015.11.18 Wed l インフルエンザの予備知識 l コメント (0) トラックバック (0) l top