FC2ブログ
皆さまはご自身のパートナーや身近な家族がイメチェンしたら、気が付きますか?
「イタリア人のご主人は日本人の妻のイメチェンに気がつくか?」と昨夜テレビで
放送されていたのを見て、夫は「君は無理だね」と言われました。
…そう、私はそういう夫の変化に気付きにくいのです…。夫はヒゲが薄いのも
あって、ヒゲを剃ったか私にはわからない(会社員の時に職場では「顔、洗った?」
と言われた事があるそうです)。この前は散髪したのを気がつかなかったのです…。
言い訳をすれば、勉強会に行ったので「散髪する時間などない」と思いこんでいた
からなのですが…。「なんか違うなぁ…」とは思っていたんですよ(*´~`*)
ちなみに、テレビの日本人妻のイメチェンをご主人は全てわかりました!スバラシイ…!

11月11日
 「ウ~…。ワッカリマセ~ン!!」

前回はインフルエンザについて軽くお伝えしました。今回は予防法をお伝えします。
まずはインフルエンザウイルスの弱点を…。
①湿度に弱い
 …室温21~24℃で湿度が50%の所と20%の所では6時間後のインフルエンザ
  ウイルスの生存率が湿度50%の方が低かったのです(湿度50%では生存率
  3~5%、湿度20%では生存率が60%)。また7~8℃でも湿度が高いほうが
  インフルエンザウイルスの生存率が低かったです。
②熱に弱い
 …60℃で30分加熱すると、インフルエンザウイルスは増えないそうです。実際に
  ウイルスが体に入ると、熱を出してウイルスを死滅させます。
③石鹸・アルコールに弱い
 …インフルエンザウイルスは脂溶性の殻なので、脂を浮かせて取る石鹸やアルコール
  が有効です。
④二酸化塩素に弱い
 …これを利用したのが、クレベリンや携帯型のウイルスプロテクターです。

そして予防法として
①室内を乾燥させない
 …加湿器や洗濯物の室内干し、タオル1枚濡らして干しておくと良いです。
②手洗い・うがいをする
 …口や鼻からインフルエンザウイルスは入るので有効です。「鼻うがい」も良いです。
  (私は出来ませんが…スミマセン)
③体力を落とさない
 …健康であれば、インフルエンザにかかりません。規則正しい生活と食生活がカギに
  なります。

今回はここまでです。思ったより文章が長くなりましたが、お付き合いありがとう
ございます。次回はインフルエンザになった時の事をお伝えしようと思います。

11月11日
今年は店に加湿器を買いました!アロマオイルも置けるそうで…♪


スポンサーサイト



2015.11.11 Wed l インフルエンザの予備知識 l コメント (0) トラックバック (0) l top