FC2ブログ

薬屋の嫁の「ここだけ」のはなし

漢方専門薬店ならではの健康プチ情報

Top Page › Category - 聞こえと補聴器
2019-07-09 (Tue)

補聴器を考えるタイミングって…?⑨

先週末、神奈川県平塚市は「七夕祭り」が行われていました。平塚に移転してから初めての七夕でした(去年は秦野の店を七夕まで営業していました)。平塚市から徒歩10分なので、少し歩くと七夕飾りがあります。店の道路むかいから見えた風景。ここはまだ大通りではありません。末息子(小4)は行ける時を楽しみにしていて、次女は「みんな七夕行くから、私は友達とカラオケ行く」と言って楽しんだようです。子供でなくても、なんと...

… 続きを読む

七夕 * by ぬくぬく先生 
七夕と言うと私が育った仙台の七夕も派手ですけど、平塚の七夕は私も何度か拝見させて頂きましたけど、仙台以上に大変しっとりとした風情が感じられ、むしろ平塚の方が織姫伝説としては相応しいのかもと感じたものでした。

補聴器のメリットというかその必然性として挙げられていた理由が全て「なるほどね~」と感じさせるものばかりだと思いますし、特に本人の認知症防止・事故防止・イライラ防止に効果的というのは納得です。
以前携帯電話でも見られた「骨伝導」というのは
補聴器として応用できればいいのかもしれないですね。

ぬくぬく先生へ * by 薬屋の嫁
仙台の七夕は、私が小学生の時に行った事があります。当時の私は平塚の七夕を
知らず、初めての七夕祭りでした。延々とキレイな飾りがあって、ものすごく
歩いた記憶があります。カメラを忘れた父が1枚500円で家族写真を撮ってもらい
「写真を撮ってもらうのって高い!」と思ったのも覚えています。
平塚の七夕は以前と比べて小さくなったような気がします。それでも人が多く、
「やはり、秦野のたばこ祭りとは雲泥の差ね…」と思って帰ってきました。

骨伝導の補聴器はあります。鼓膜の異常や中耳炎の影響などによる難聴
(伝音難聴)の場合や、重度の難聴用の補聴器でも聴こえない場合などに
使われるようです。あるのは知っていましたが、使っている方を見た事は
ありません。そんな話を娘にしたら「骨伝導のイヤホンは普通にあるよ」と
言っていました。

No title * by ichan
こんばんは

平塚の七夕は有名ですが、残念ながら見に行った
ことはありません。
夜に行くとさらに綺麗なのでしょうね。

補聴器を付けて欲しい理由、もっともだと思います。
ただ、調整を考えると中々難しいなとも感じます、

ichanさんへ * by 薬屋の嫁
何回も行っている七夕祭りですが、夜は行った事がありません。
飾りの中に灯りがつくような物があるようなので、きっとキレイ
なのだと思います。

補聴器の調整は難しいです。聴力は体調によっても変化する事が
あるのと、調整する側の腕もあるようです…。
父の場合は水の流れる音が非常に煩わしいと言っているのですが、
この音域を小さくすると普通の会話が上手く聞けなくなると
教えてもらいました(…なのでテレビを見る為だけに使っている
節があります…)。
調節するまでに「この音が聴き取りにくい」とかメモをしておくと
補聴器屋さんがわかりやすいようです。ある程度はマニュアルが
あるようなので…。

こんにちは(*^-^*) * by pil
聞こえ辛いままで放置すると、聴力がさらに衰えるだけでなく、
聴き取る能力も低下してしまうのですね...
うつ病や認知症の予防にも。

自分の聴力に自信がなくなったら、早い段階で前向きに
検討したいと思っていますが、家族にその気になってもらうには、
なかなか根気がいりそうですね。

pilさんへ * by 薬屋の嫁
人間は使わない機能は退化するので、聴こえない事で聴き取る能力も
落ちてしまいます(筋肉と同じす)。聴こえない事で誰かと会話する
気にならなくなる傾向が多いようです。それは会話しても理解できず、
つまらないし周りにも気を使うし、不快な思いをされるかもしれないし
…などと思うからなのだとか。(実際に父が補聴器を付けていない時に
皆で話をしていたら、聴き取れずつまらなそうにしていました…)

私も自分の時には早めに対応すべきだと思いますが、身内を説得するのは
難しいです。ガンガン言えば良いとは思うのですが、80才の父に
そこまで言うのも…とも思ってしまうのですよね(^^;)
さじ加減が難しいです…。

Comment-close▲

2019-06-19 (Wed)

補聴器を考えるタイミングって…?⑧

先日、お客様からいただいた物はコチラ。うわ~!かわいい(((o(*゚▽゚*)o)))彼女は中学生。折り紙が好きで、色々な物を作っているそうです。折り紙やあや取りが苦手な私にとっては「すごい!」の一言。思わず「ここらへんに置いていってくれると嬉しい!」とおねだり。夫が恥ずかしそうにしていました…。彼女の作品は、このような物もあります。前回は聴力の弱い方への話し方についてお伝えしました。今回は、実際に父が補聴器をつけ...

… 続きを読む

精緻ですね! * by ぬくぬく先生 
折り紙は日本のすてきな文化だと思いますし、
普通の一枚のカラーの紙からあんなにも精緻なものが造型されること自体が奇跡といえるのかもしれないです。
お店に飾られると、お客様の心も癒されるものが
あると思います。

ご年配の方に補聴器をつけるように促し説得することは、高齢者の免許返納の説得と同様に大変なご苦労がありそうですね。
お父様との実体験話からもそうしたご苦労が感じ取れました。

ぬくぬく先生へ * by 薬屋の嫁
折り紙って、本当に素敵ですよね。以前に比べて折り紙も色々な
種類があるようです。100均でも種類豊富で「上の子の時より
色々バリエーションがあるなぁ…」と感じています。

補聴器も免許も説得は難しいです(特に私は…)。補聴器は別として
免許に関しては「もっと自分に時間の余裕があれば、強く言えるのに…」
と高齢者の事故のニュースを見る度に思っています。


こんにちは(*^-^*) * by pil
補聴器を着けるって、そんなに抵抗のあるものだとは思っていませんでした。
着け始めても、雑音がうるさく聞こえたり、自分の声が響いたりと、
困ることも多々あるんですね。
そういうことは全く知らなかったので、とても参考になります。
早いうちから着けたほうが、、慣れるのも早いのではと思ったりするのですが、
そう簡単にはいかないものなんですね...

pilさんへ * by 薬屋の嫁
日本人は補聴器文化がヨーロッパに比べて短いのもあり、
抵抗がある方が多いです。そして補聴器に対する思いも
日本人は「聴こえがどうしようもなく悪い人が付ける物」と思い、
補聴器文化が発達している所では「聴こえをよくするための補助」
として思っているような気がします…。

補聴器に対してのデメリットは知っていたのですが、想像以上に
父にとって補聴器のハードルは高かったようです…。そして父は
補聴器を使う時間が短いので、いつまでたっても生活音に慣れないで
います…。身内を説得させるのは、非常に難しいです(><)
本当は、「最近、聴こえが悪いなぁ…」と思う頃から、じっくり
検討するのがベストなんですけどね。遅くなればなる程、脳の
機能の衰え(聴こえても、何を言っているのか理解できない)や
認知症やうつになる可能性が高くなるので…。

Comment-close▲

2019-06-01 (Sat)

補聴器を考えるタイミングって…?⑦

先日、次女の高校で体育祭がありました。今回が最後の体育祭なのもあってか、お手伝いに奔走していました。初めは衣装作りで、クラス単位での応援の衣装のサンプル作りからでした。今から3週間前に突然「お母さん、体育祭の衣装のサンプルでガウチョパンツ作りたいんだけど…」と言ってきました。「ズボンはハードル高いから、ウエスト部分をゴムにしたスカートの方が良いのでは…?」と反対したのですが、次女は作ると言い張り私が...

… 続きを読む

すてきな応援衣裳ですね! * by ぬくぬく先生
体育祭とはなつかしいすてきな響きですね!

お嬢様も高校生活最後の体育祭と言う事で
応援衣裳の制作に尽力され、結果的に
とてもすてきな衣装が完成されたと思います!

私の世代は家庭科は女の子だけの科目でしたけど、
こうやって男女共に時間は少ないけど、家庭科という科目があるのはいい事だと思いますし、少しは炊事洗濯が出来る男子が増えるといいと思います。

耳の聞こえが悪い方にはジェスチャーとかゆっくと話すとか別の表現を試みるというのは
大切な事といえそうですね。

ぬくぬく先生へ * by 薬屋の嫁
いつもコメントありがとうございます。
次女はこの手のイベントの時には手伝う事が多いのですが、今回は
過去最大の忙しさだったようです。体育祭が終わっても、体育祭の
DVDのイラストの手伝いをするらしく…。「なんでも手を出し過ぎ!」
と体育祭の前は思っていましたが、今は「好きでやっているのだから」
と思うようにしました。

ゆっくり・ハッキリ伝えるのは以前から注意していたのですが、
別の表現をするのは思いもしなかったです。…しかしコレが意外と
伝わるのには驚きました。父だけでなく、電話先の方が聞き取りにくそう
な時でも効果がありました。


こんばんは * by ichan
応援衣装を手作りするなんて凄いです。
でも、それも想い出になりますね。

補聴器を嫌う方に対しては仰るような手法
が有効と言われたことがあります。
あとは筆談ですね。

こんにちは♪ * by pil
娘さん、初めてなのに上手に作られてますね。
もしかしたらこれがきっかけで、洋裁に興味を持たれるかも。
私も洋裁に興味を持ったのは、文化祭の衣装作りがきっかけでした(*^-^*)

「耳という器官は音を集める為の物で、言葉を理解するのは脳である事」
おっしゃる通りだと思います。
聞き取りにくいからか、それとも理解し辛いからか...
両親と電話で話していて、おや?っと思った時は、言葉を変えるようにしています。
そうすることで、すんなり伝わることもあると、最近感じていたところです(*^-^*)

ichanさんへ * by 薬屋の嫁
いつもコメントありがとうございます。
次女の学校の体育祭では、手作りの所や市販で安く売っている付け襟
を付けている所など様々なようでした。私も高校の時は応援衣装を
手作りしました。…手縫いでもできる簡単なものでしたが(^^)

筆談も正確に伝える手段ですよね。よく市役所などで「筆談での対応
します」という感じのものが貼ってあるのを、見かけます。
重度の難聴の方は、低い音も高い音もかなり聞き取れないので、多少の
大きな声では伝わらない場合は多々あると思います。そのような方でも
ザワザワしている所より、(聴こえに集中できる)静かな所でゆっくり
ハッキリ話すと伝わりやすいです。私はよく高齢の方と時間の約束をする
時には「二時に」と言いながらピースサインをして二時と分かりやすい
ようにしています。これは私も相手も勘違いせずに済むので頻繁に
使っています。

pilさんへ * by 薬屋の嫁
モンペは前身頃と後身頃がなく右足部分と左足部分の2パーツなので、
教えるのが比較的ラクでした。裁断も適当で「これで良いのか?」と
思っていたのですが、なんとかしたようです…。
今回は20着くらいのモンペを約一週間で3人ほどで作ったらしく、
次女は夜なべをしていました。覚えて自信がついて良かったのですが、
燃え尽きちゃったかも…!?

聴こえがよくない原因が耳なのか脳なのか…という判断は、難しいです。
実際に父の聴こえは微妙だな…と思う節もあります。80才という年齢と
身内という点から「理解する能力は年齢相応に下がっていて、聴力も
低下している」と甘い採点をしています。
pilさんの場合はご両親と離れているので、心配される事も多いのでは…
と思っています。言葉を変える事で理解してくれるのであれば、様子を
見られても良いと思います。色々と話をしていて「話の内容を理解できて
いないな」と思う事がある時は、年相応なのか考え時かもしれません。
補聴器のスタッフさんに相談するのもアリです。聴こえの問題か否かが
わかる質問形式のものがあるそうですから…。(ちなみに父はコレは
やっていません)

Comment-close▲

2019-05-15 (Wed)

補聴器を考えるタイミングって…?⑥

年度が変わり、自治会の組長になりました。我々の住んでいる部落(古い!)では、輪番制(順番で組長がまわってくる)です。前回やったのは5年くらい前だった気がするのですが、なんだか組長の仕事が増えた気がします…。もしかしたら私の記憶が抜けているだけかもしれません。…もともと抜けている性格なので、一つの会議をすっぽかしてしまいました(ノ_<)その節はスミマセンでした… 今度の日曜日は市での体育祭があります。我々...

… 続きを読む

こんにちは♪ * by pil
自治会の組長さん、、色々やることがありそうですね。
さらにお忙しくなって、大変そうですが、地域のつながりって大事だなと思う、今日この頃です。
障害物競走www 私が出たら、私自身が障害物になってしまいそ~。(笑)
頑張ってくださいね(*´▽`*)

4番と5番、頷きながら読みました。
夫がテレビを見るとうるさいんですよ。
でも、本人は何とも思ってないみたいです(-_-;)

pilさんへ * by 薬屋の嫁
組長の仕事も、明日の運動会が終われば一段落になります。
明日、もし雨になると次週に延期になります…。延期にならないで
欲しいと願っていますが、今の段階でかなり曇っています(夕方の5時)…。

テレビの音は、皆さま嫌がるようです。まして自分の興味のない場合は…。
イヤホンで聞くと、よく聞こえるそうです。「ダイレクトに耳に音が入るので、
音が広がらない」と言ってられました。(匂いと音は同じような感じなようで、
「バラの花を離れていると匂いがわからないけど、袋に入れて匂いをかぐと
ハッキリ匂いがわかる」…という広がり方のように私は理解しています。)
その為、父は一階のテレビは聞き取りにくいが二階のテレビは聞き取りやすい
と言っていました。(実家は一階は台所とリビングがつながっていて、
二階は六畳間で閉めきれる間取りになっています)
…このように、間取りやテレビの置き場所・テレビのスピーカーの位置・
テレビとテレビを見る場所によっても聞こえが変わるようです。(それでも
父は聞こえにくい一階でソファでテレビを見るのが好きですが…)

自治会 * by ぬくぬく先生 
どこの地域もそうだと思うのですけど、現況の自治会組織はとにかく高齢化が進行し、
私自身が所属する自治会組織も高齢化のために組長・班長・町会長のなり手がいないという悩みがありますし、自治会への加入率が年々下がってきていて
予算確保が年々難しくなっているという側面もあったりもします。
組長と班長はこちらも輪番制なのですけど、高齢化世帯では体力的に厳しいという事で辞退される世帯も最近はめっきりと増え、以前は8年に一回だったのが最近は5~6年に一回廻ってくるという感じになっていますし、順番から言うと来年またまた組長が廻ってきそうなので正直面倒だよね~と感じたりもします。
だけどこればかりは仕方ない事なのだと思います。

補聴器と高齢者の耳の聞こえの悪さと周囲への影響については、今回は②と④が「なるほどね~」と
感じさせられました。
同じ事を連続して言う場合、どうしても面倒くさくなって口調が雑になったり乱暴になるのは仕方がないのかもしれないですけど、そう言う時こそ冷静さが求められるのかもしれないですね。

ぬくぬく先生へ * by 薬屋の嫁
お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
私の地域でも自治会の会員数が年々減っていき、始めは8年に一度
だったのが5年に一度、次は…という感じになっています。高齢化…
という事で辞退される方が多いのですが、万が一被災した時には
自治会に入っていた方が良いとは思っています。(特に私の地域は
山や川があり、広域避難場所よりも自治会の避難場所の方が近いです)
ゴミ収集場所も自治会と市が負担しているので、この点でも加入して
欲しいのですが…。組長の力仕事は若い衆(!?)にやってもらって、
できる事(会議など)を年配の方に…なんて思ったりもしています。
…それはそれで難しいのでしょうが…。

耳の聴こえが悪い方への対応って難しいと思います。私の場合は
父だったりお客様だったりするのですが、常に一緒にいる訳ではないので
ある程度は気持ちに余裕があります。…しかし常に一緒となると
気の短い私は、カーッとなると思います(^^;…頭では理解して
いるのですがね。それでも一時感情的になっても、理解している事で
少しは違ってくるとは思っています。

Comment-close▲

2019-05-03 (Fri)

補聴器を考えるタイミングって…?⑤

ゴールデンウイーク、皆さま何をしていますか?今年だけの10連休、半分が終わり「やっと折り返し地点だ…」と思っています。その理由は、コチラ。この製作者が10連休で、小学校に行かないから…(´・_・`)連休中は日曜日以外は短縮営業している我々の店。自宅で留守番すれば良いのに、甘えん坊の末息子は店に来ています。…店にいる間はDS(ゲーム)をしたりパソコンでYouTubeを見たり…。「これでは、いけない」と思い、近くのイベント...

… 続きを読む

何はともあれ・・ * by ぬくぬく先生 
本日で長かった10連休も終わり、特に小学生・中学生のお子様がいる世帯のお母さまたちはむしろ安堵されているのかもしれないです。
私自身はこの10連休のうち7日間は出勤でしたので、全く恩恵はなかったですけど、明日からしばしの振り替え休日は、混雑が終わり閑散とした商業施設等をゆっくり見てまわりたいです。

耳が悪い方にとって何度も聞き返す事自体が苦痛になるのかもしれないですし、
単に「耳が悪いんだから・・」と言わずに相手への一定の配慮も必要という事なのかもしれないですね。

こんばんは * by ichan
耳が遠い方と重要なことを話す場合は
筆話に限りますね。
相手のプライドを傷つけないようにですが。

ぬくぬく先生へ * by 薬屋の嫁
> いつもコメントありがとうございます。
> 10連休が終わり、学校に行ってくれてホッとしています。しかし、この10連休で
> 末息子が年齢の割に相手に対する配慮に欠けている事がわかり、少しずつ教えて
> いく事ができました。…知った時にはショックでしたけどね(^^;
>
> 耳の聴こえがよくない方は、聴こえない時に相手の態度が変わる事で傷つくようです。
> (舌打ちされたり、「もう!なんで聴こえないの!?」とか言われたり…)
> 厄介なのは、周りが意地悪している訳ではない為に傷つけた事に気が付かない事。
> 私もわからなかったので、その話を聞いた時には驚きました。
> …本当はそこまで聴力が落ちる前に補聴器と仲良くして、皆が楽しく過ごせれば
> 良いのですが…。(このぐらいの時には、手先がきかない方も少ないので…)

ichanさんへ * by 薬屋の嫁
大事な話になればなるほど「筆話で確実に」と思われるお気持ち、
よくわかります。実際に私達の店では(正確には夫が)お薬の
説明をする時に紙に書きながら話しています(漢方は漢字や
言い回し方が独特な事が多いからなのですが…)。

聴力の弱い方もそうでない方も、話の内容を言葉だけで感じる
のではなく、顔の表情や口調・口の動かし方などを総合的に判断
して相手の言葉を理解します。その為、聴力の弱い方に対して
ゆっくり・ハッキリとは言いますが、なるべく表情を穏やかに
するようにしております。そして相手が聞き取れていない時には
同じ内容でも違う言葉に変えて伝えたりします(午後7時を
「ちしじ」で聞き取れない時は「ななじ」とか「19時」などと
言い換えます)。
…参考にはならないかもしれませんが、言い換えると理解する事が
父は多いようです。その父も、この前「何度も聞き返すのは嫌だ」と
こぼしていました…。父も色々思う事があるようです。


Comment-close▲