FC2ブログ
少しずつ暖かい日が多くなりましたね。早咲きの桜を見て「もうすぐ春だなぁ…」と
思っております。暖かくなると血圧の数値が落ちる場合があるので、高血圧の方は
ホッとしている所もあるのではないでしょうか?
皆さまは、「血圧計を立て続けに使うと、数値が下がる」のをご存知でしょうか?
血圧を毎日記録されている方は経験上、知っている方が多いです。私の父もそうです…
そして、一番低い数値を記録されている方も多いです。これも父がやっていました…
なぜ数値が変わるのでしょうか?今回は、血圧に関係する事をお伝えいたします。

血圧の数値について
①血圧計の数値は、一番始めに測ったのが本当である
 …血圧計は、腕を圧迫して数値を測ります。測り終わった後は血流が一気に
  良くなるので、一回目より血圧が下がってしまうのです。

②血圧は、一日の中でも変化する
 …朝は、これから活動するので血圧が上がります(正確には起床前から徐々に
  上がります)。夜になってくると、活動的でなくなるので血圧が下がってきます。
  そして眠っていると、更に下がります。

③血圧は、感情でも左右される
 …心配事やイライラしていると、血圧が上がります。また驚く事でも、急に血圧が
  上がります。

④血圧は、寒くなると数値が高くなる
 …寒くなると、体温を一定にする為に血管が収縮します。この事により、血圧が
  上がります。逆に暖かくなると、血圧が下がります。冬場の湯船に浸かっても
  血圧が下がるので、注意が必要です。

⑤高齢になると、血圧は高くなる
 …人間の血管は、使えば使うほど脆くなります。年齢を重ねる事で血管が硬く
  なり、血圧が上がってしまうのです。

⑥高血圧は、遺伝による場合がある
 …高血圧の原因の全てが遺伝ではないですが、遺伝の場合もあります。
  東北などの寒い地方では、塩分摂取量が多いのも原因とも考えられています。
  (塩分で体温を維持してきた為)

⑦高血圧は、生活・食事によっても高くなる
 …塩分を多く摂っている方は、高血圧になりやすいです。また、油脂が多い物を
  好んで食べたり、精神的・身体的ストレスでも高くなります。


…これらの事から血圧計の測り方も大事になります。
血圧の正しい測り方
①毎日測る方は、なるべく同じ時間に測る
 …一日の血圧は変化するので、長期的に記録をとる時にはなるべく同じ時間に
  測らないと本来の血圧がわからなくなります。もし時間からズレた場合は、
  その旨を追記しておくと良いです。

②正しい姿勢で測る
 …正しい姿勢で測らないと、血圧が正確に測れません。それぞれの血圧計に
  「このような姿勢で測ってください」という説明があると思うので、それに従って
  ください。

③血圧計のカフ(腕帯)は、説明書通りにする
 …カフがキチンと巻かれていないと、正確な血圧が測れません。説明通りに
  巻いてください(腕を入れるタイプの場合は、説明書の指示通りにしてください。
  また巻く場所によっても、血圧が正確に測れないので確認してください。

④数回測りたい時は、15分くらい経ってから測る
 …立て続けに血圧を測ると数値が下がってしまい、本来の血圧がわからなく
  なります。しかし一度測ったらずーっと下がったままではなく、しばらくすると
  元の数値に戻ります。この事から、少し時間を置いてから測ると良いです。

⑤記録している方は、普段と違う事があったら(時間のズレや心配事があった等)
 一緒に記録しておく
 …毎日の数値も大事なのですが、何かあった時に追記する事も大事です。
  それを見る事で「あぁ、こんな事があったから、この数値なのね」とわかるからです。


血圧計は、腕などをギューっと締め付けてから少しずつ緩めながら血圧を測ります。
測り終えたら締め付けを止めるので、一気に血流が良くなります(締め付けている間は
うっ血している状態になります)。血流が良くなる事で血圧は下がってしまうので、
1回目測った時より立て続けに測った2回目の方が血圧は低く測定されてしまうのです。

ちょっとここで、商品紹介。メーカーさんとタッグを組みました(^^)
かんしんちくおたん おくすり本舗
冠心逐瘀丹(かんしんちくおたん)。クラシエ薬品の漢方薬です。

血流が良くなる漢方薬です。毛沢東が晩年心臓病に罹った時に作らせたといわれる
漢方薬をベースにした物です。高血圧傾向のある方だけでなく、頭痛・肩こり・動悸
などでお困りの方にオススメです。このページからは販売していませんが、欲しいと
思われた方は当店(漢方相談おくすり本舗)までご連絡ください。

漢方相談おくすり本舗のHPはコチラ→https://www.okusurihompo.com/

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



2019.02.23 Sat l 血圧 l コメント (6) トラックバック (0) l top