FC2ブログ
当店(漢方相談おくすり本舗)がかなっぺさんに掲載されました((∩^Д^∩))
青字のかなっぺをクリックすると写真の場所にとびます。漢方相談おくすり本舗をクリックするとHPにいきます

かなっぺ
こんなカンジです。嬉しい限りです…

かなっぺ とは、神奈川の地域ポータブルサイトです。チラシやイベント情報なども
一緒に教えてくれるサイトで、色々なお店の紹介をしています。当店はチラシや
イベントは今のところありませんが、仲間入りできました。かなっぺさんは、とても
丁寧で早く対応してくださったので、感謝しております。


ここしばらく、漢方薬のヨクイニンが流行っています。化粧品には以前から入って
いる物が結構あったのですが、漢方薬としてここまで流行ったのは私が知る限り
(…と言っても10年くらいですが)初めてです。
そこが影響したのでしょう、こんな記事がありました…

ヨクイニン 記事
えぇ~(゚△゚;ノ)ノ…かわいそう、メーカーさん…

写真が小さいと思うので、ザックリと内容をお伝えすると…
①いぼ薬(ヨクイニン)の広告写真を修整しろ、と皮膚科学会から言われた
②その理由として、ウイルス感染が原因であるイボにしか効かないから
③理由のもう1つに加齢性のイボにも効くような表記があるから
…だそうです。
そして訴えられたメーカーは修整しています。そんなヨクイニン、どのような漢方
なのでしょうか?簡単な説明をいたします。

ヨクイニンとは…?
①薏苡仁 と書く
②ハトムギから作られる漢方薬である
③薏苡仁湯は、他の生薬も入っている漢方薬である
④添付文書の効能は「肌荒れ・いぼ」である
⑤漢方(中医学)での考えでは「体のにある余計な水分を取る物」である
 
…体にある余計な水分が原因でのムクミや体のこわばり・下痢などの時に
他の生薬と一緒に使うと良い物です。
では、なぜ肌荒れやイボに良いのでしょうか?コレはイボができる中医学での
メカニズムが関係してくるからです。順に説明していくと…
①体にある余計な水分は体(特に下半身)を冷やす
②下半身が冷えると本来下半身にあるハズの熱が上半身に上がってくる
③その熱と一緒に余計な水分が上半身に上がり、上にあがった水分がイボ
 になる
④ ②の理由と同じで、本来ない熱が肌にある事で乾燥し肌荒れする
④そのイボや肌荒れを治す為には体の余計な水分を取れば良いのだから、
 ヨクイニンを使う

ここでの考えで「ウイルス」や「加齢性」という言葉は出てきません。なぜなら
ヨクイニンで治るイボや肌荒れは、ウイルスや加齢が原因ではないからです。
その為、今回の記事のように加齢が原因では治らないのは当たり前であり、
ヨクイニンを理解していれば説明も普通にできるのです。
それなのに大騒ぎして…。メーカーさん、かわいそう…というのが本音でした。
当店でもヨクイニンを飲んでイボがなくなった方はいます。その方はリウマチ持ち
でしたが、イボもなくなりリウマチの症状が緩和されました。…コレはこの方の
イボとリウマチになる原因が同じだったからなのですが、リウマチの方が
ヨクイニンを飲めば効果がある訳ではありません。それはリウマチの症状や
原因によって漢方薬が変わるからです。

そんな当店(漢方相談おくすり本舗)のHPを見たい方は➡こちらをクリック
店主(夫)が管理しているブログを見たい方は➡こちらをクリック
お時間があったら、のぞいてください。


にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



2018.03.18 Sun l 漢方 はとむぎ l コメント (4) トラックバック (0) l top
今日は「はとむぎ」の日です。(ハートの日などでもありますが…)
夏には麦茶を飲まれる方も多いと思います。利尿効果がある「ハト麦」。
水分を多く飲みがちな今の時期には重宝すべき飲み物です。
…実はこのハト麦、漢方でも使われるのです(濃度は濃いですが)。
名は「ヨクイニン」、漢字だと「薏苡仁」。体にある余計な水分を出す効果が
あり、水イボなどに使ったりします。
2015.08.10 Mon l 漢方 はとむぎ l コメント (0) l top