FC2ブログ
昨日、末息子は東海大学で遊んできました。

7月11日
1人1000円で、保険もお昼も入ってます(*´∀`人 ♪毎年やっているそうです!

東海大学のお兄さん・お姉さんが小学生にプールや体育館で子供でも充分
楽しめるレクリエーションスポーツ等を体験させてくれました。体育館で出来る
種目は16種類!小1の末息子は5種類(バッゴー・ストラックアウト・バスケット
ピンポン・ボックスホッケー・ユニホック)出来たそうです。
私の知らない物ばかりだったので内容を末息子に聞いたのですが、よく
わかりませんでした…(つω-`。)見ていればわかったのでしょうが、付き添いが
必要なかったので買い物等をしていました。
3時のお迎えも時には「疲れたけど、楽しかった~」と言っていました。お友達は
いなかったけど、楽しめたようなので良かったです。

7月11日
クシャクシャになっていますが、何をしたのかは理解できました(〃▽〃)


前回は、湿布の種類別メリット・デメリットについてお伝えしました。
今回は、湿布のちょっとしたコツをお伝えいたします。

はがれにくくするには…
 …テープ剤ははがれにくいですが、パップ剤は衣服の脱ぎ着などではがれ
  やすくなります。
①湿布の角を丸くする
 …角があると、はがれやすいので角を丸くしてはがれにくくします。
②ひざ等の関節部には、真ん中に切り込みを入れる
 …湿布の真ん中にハサミで切り込みを入れ、穴が開くような状態にします。
  ひざ等を切り込みの中に入れて、ひざ等の周りを湿布するような形にすると
  はがれにくいです。

かぶれやすい方には…
①貼り替える時に、少しずつズラす
 …なるべく同じ所を避けて、かぶれを防ぎます。
②湿布と肌の間にガーゼを挟む
 …ガーゼを1枚間に入れる事で、かぶれを防ぎます。
  粘着力が弱くなるので、固定する事が必要になります。
③湿布ではなく、クリームやゲルタイプに代える
 …痛み止めの入っている塗り薬があるので、そちらに代えてかぶれを
  防ぎます。

もし、かぶれてしまったら…
①使用を中止する
 …痛みが治まっているのなら、湿布を休んでかぶれを治します。
②湿布を別のタイプの湿布に代える
 …別の湿布に代える事で、かぶれの原因の物質がなくなる場合が
  あります。
③サメミロンを塗ってから使用する
 …医薬部外品のサメミロンエースですが、かぶれた時にも効果を発揮
  します。コレをシュッとして乾いたあとに湿布をすると良いです。
スポンサーサイト



2016.07.11 Mon l 湿布 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日の午前中、私は腹痛に悩まされました…。
原因は、いたってシンプル。冷やしてしまったのです…(つω-`。)薬屋なのに…
外が暑くなったので体は冷えから守る必要がなくなる為、冷えに対する
防御力が減ってしまいます。その状態でのエアコン。冷やさないよう
気にはしていましたが、「まずい…」と思った時には後の祭り。
トイレと仲良しになりました。
そこで対策はコレ。

7月9日
以外と便利ですよ(*´v`)店では年間通して用意しております。

原因がシンプルなだけに、出してラクになるのでお腹を温めるようにすれば
OK。痛みがすぐひいたので、今回は薬は使わずに済みました。
こんな時にはカイロが温かくて気持ち良く感じます(〃▽〃)冷やした証拠…
生理痛や腰痛などでも重宝しますよ♪もちろん、漢方でも良い物はありますよ!


前回は、湿布の選び方についてお伝えしました。
今回は、それぞれの湿布のメリット・デメリットをお伝えいたします。

①冷湿布
 ・メリット …打撲などの時に使うと効果あり。
         ヒンヤリして気持ち良い。
 ・デメリット…腫れが引いた後でも使用していると、血流が悪くなり別の
         原因で症状が出る。
         傷や湿疹がある時に使用すると、化膿する場合がある。
         熱を持っていないのに使用すると、症状が悪化する。

②温湿布
 ・メリット …患部を温める事で、痛みの軽減をする。
 ・デメリット…肌の弱い方は、かぶれやすい。
         熱を持っている場合に使用すると、症状が悪化する。
         傷や湿疹がある時に使用するとは、化膿する場合がある。

③痛み止めの入った湿布(非ステロイド性抗炎症薬…ボルタレン・モーラスなど)
 ・メリット …腫れなどはないけれど、痛みがある時に使用できる。
        慢性的な痛みに使う事が多い。
 ・デメリット…喘息を持っている方は使用できない(誘発する可能性がある為)。
         湿布が衣服に隠れていない状態で日差しに浴びると、皮膚炎に
         なる場合がある。
         傷や湿疹がある時に使用すると、化膿する場合がある。

④ハップ剤(ミルタックス・パテックスなどの厚ぼったい湿布)
 ・メリット …テープ剤に比べて、かぶれにくい。
        厚みがある為、貼りやすい。
 ・デメリット…厚みがあるので、モコモコする。
         はがれやすい。
         傷や湿疹がある時に使用すると、化膿する場合がある。

⑤テープ剤(モーラス・ボルタレンなどの薄手の湿布)
 ・メリット …はがれにくい。
        薄手なので、モコモコしない。
 ・デメリット…薄い分、貼りにくい。
         はがれにくい分、1度クシャっとなると元に戻りにくい。


プラスター剤はテープ剤の少し厚いだけなので、省略させていただきました。
薄さは私から見ると、テープ剤とあまり変わらないように思えます。

どの湿布も、傷や湿疹などがある場合は使用してはいけません。
非ステロイド性抗炎症薬は、テープ剤でもハップ剤でもあります。
テープ剤のほとんどが、非ステロイド性抗炎症薬です。


2016.07.09 Sat l 湿布 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今日は七夕。従姉の結婚記念日です。自分の結婚記念日は忘れるクセに
彼女のは覚えています。私も結婚式は母の日だったので忘れにくいと思って
いたのですが、母の日を忘れないようにしているせいか母の日だけ覚えていて
結婚記念日は忘れてしまいます(〃▽〃)夫も忘れる方なので良かった…
彼女の結婚式は印象的でした。エレクトーンで「星に願いを」を自分で生演奏
していました!当時独身だった私は、「すごーい!」と思いながら聴いていました。
七夕になると、毎年思いだします(自分のは定期的に思いださないのに…^^;)


前回は、湿布の種類と形状についてサラっとお伝えしました。
今回は、湿布の使い分けについてお伝えいたします。

湿布の選び方
①ネンザや打撲・腫れている時は冷湿布を
 …痛み止めの湿布でも良いのですが、打撲やネンザは炎症が起きて痛みが
  出るので、冷やす事が一番になります。

②お風呂に入って症状がラクになる場合は温湿布を
 …お風呂に入って症状が強くなる場合は、冷湿布をお使い下さい。

③腫れがひいても、痛い場合は痛み止めの入った湿布を
 …腫れがひいた状態で冷湿布をしていると、血行不良が起こり別の原因で
  痛みが起こる場合があります。

④かぶれやすい方は温湿布は注意
 …温湿布の成分には、唐辛子エキスが入っている物もあります(唐辛子で
  血行を良くします)。刺激になりやすいので、注意が必要です。

⑤テープ剤の難しい場合はハップ剤を
 …テープ剤は薄い代わりにクシャクシャになりやすいです。
  ハップ剤は厚いので、貼りやすいです。

⑥喘息がある方は痛み止めの湿布は使わない
 …ジクロフェナク(ボルタレン)やフェルビナク(フェイタス)・インドメタシン等の
  非ステロイド性抗炎症薬を使っている湿布は、喘息を誘発する場合が
  あります。喘息持ちの方が全てなる訳ではありませんが(知らずに使って
  いた方が何人も過去にいられました)、万が一を考えると避けた方が良い
  と思います。

⑦日光に当たる所の部位の湿布には注意が必要
 …非ステロイド性抗炎症薬(ジクロフェナクやインドメタシン等)を使っている
  湿布は、日光皮膚炎になる場合があります。
  これからの季節は、日差しが強いのと衣服が薄くなったり短くなったりする
  ので注意が必要です。

日光皮膚炎とは、日光で赤みやかぶれ・腫れ・痒み・痛み等が起こる皮膚炎
です。日焼けもその中の症状の1つですが、アクセサリーや化粧品などをつけて
の外出での皮膚炎もそうです。

7月7日
非ステロイド性抗炎症薬の1例。処方箋では、モーラスやロキソニン等です。

次回は、それぞれの湿布のメリット・デメリットをお伝えしようと思います。
 
2016.07.07 Thu l 湿布 l コメント (2) トラックバック (0) l top
先日夫が「その服、どうしたの?」と私に聞きました(;゜0゜)たま~に着ていますが…
その服は、私が独身時代にいただいた物。特に誕生日でもなく何かがあった
訳でもなかったのですが、いただきました。大好きなご夫婦からのいただき物
だった事もあり、20年位とってあったのです。
そのご夫婦は安加賀興産の方。当時は自動車部品の運送をされていました。
今は、どうされているのでしょう?自動車部品の下請け工場で働いていた20歳
前の小娘は、40過ぎた立派なオバサンになりました!…と伝えたいです。
ご存知の方がいられたら、コメントください。


皆さまは色々な種類の湿布がありますが、違いはご存知でしょうか?
日光皮膚炎になったり喘息を誘発する場合がある湿布があるのも、ご存知で
しょうか?
今回からは、湿布についてお伝えいたします。

7月6日
「え?そんな事、知らなかった!」となるのが多いのは、湿布です…。

湿布の種類
①温湿布
 …トウガラシエキス等で温め効果のある湿布です。
②冷湿布
 …昔からある、冷やして炎症を抑える湿布です。
③痛み止めの入った湿布
 …温湿布でも冷湿布でもない、痛み止めの入った湿布です。

湿布の形状
①パップ剤
 …昔からある、厚ぼったい湿布です。薬剤に水分が入っています。
  ミルタックスやバンテリンパップ・パテックス等がそうです。
②プラスター剤
 …薬剤に水分が含まれていません。主に温熱療法(血行促進など)に
  使われます。
  トクホンやパスタイムFX7などがそうです。
③テープ剤
 …プラスター剤より薄い湿布。今は、テープ剤の湿布が多いです。
  モーラステープやフェイタス・ボルタレンテープ等がそうです。

次回からは、それぞれのメリット・デメリットをお伝えしようと思います。



2016.07.06 Wed l 湿布 l コメント (0) トラックバック (0) l top