FC2ブログ
しばらく前の事ですが、キリンとダイドーが業務提携しました。
その事によって何が変わったか?…というと…?

5月9日
キリンの自販機なのに、ダイドーの商品が入ってる!!

店の前に置いてある自販機も、このようになりました。…でも、近くにある自販機は
ダイドーなんですよね( ̄^ ̄)ゞダブっちゃうじゃん!
実は、この自販機を設置した時に近くにある自販機とカブらないようにキリンにした
のです…。思惑が1年しないうちに外れてしまいました(〃▽〃)笑うしかない
では近くのダイドーの自販機には…?と思って見てみました。当たり前ですが、
キリンの商品が入っていました。


前回は、植物かぶれの予防法についてお伝えしました。
今回は、かぶれた時に便利な物をお伝えいたします。
①塗れタオル
 …熱っぽい時に、ヒヤっとする感覚が気持ち良いです。ヒエピタなどの冷却材は、
  かぶれた時には使えないので重宝します。
②薬
 …「マズイ!」と思った時に、手元にあると便利です。
③スクアレン
 …スクアレンは、薬ではありません。体の中で出来ている物です。
  スクアレンは細胞を元気にし、炎症を抑える効果が期待されます。
  日焼けやケガ・かぶれ・手荒れ・美容など、幅広く使えるのも良い点です。

5月9日
当店にあるスクアレンはコチラ。刺激がないのが良いです(*´∀`人 ♪痛くないです
スポンサーサイト



2016.05.09 Mon l 植物かぶれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日「おいしい秦野の水」を買ってみました。今年の「名水百選」で全国1位に
なったので、話のネタに…と思ったのです(´∀`*;)ゞハハハ…
テレビでは山の湧き水の映像を出していたので、てっきりソコの水を使っている
のだと思っていました。…でも実際は羽根という地区の地下水を使い、殺菌し
塩素を抜いてペットボトルに詰めているそうですΣ(゚□゚*)そうなんだ…
硬度は89度。硬度を知らない私は、始めは「硬度が89度なら硬水ね」なんて
思っていました。100度以下は軟水だと本日知りました。また「水に溶けている
カルシウムやマグネシウムの量で数値が変わる事」・「日本では軟水が多く、
北欧は硬水が多い事」も知りました(〃▽〃)まだまだ勉強不足ですね…。

5月7日
「おいしさがすばらしい名水部門」での受賞でした。部門がいくつかあるようで…


前回は、かぶれた時の飲み薬についてお伝えしました。
今回は、植物かぶれの予防法についてお伝えいたします。

植物かぶれの予防法
①皮膚を保護する
 …かぶれる原因に触れなければ、かぶれません。長袖・長ズボン・手袋・
  帽子などをして、保護します。かぶれやすい方は、水やりの時にも
  手袋をした方が無難です。
②かぶれない肌にする
 …肌のバリア機能が弱い方は、かぶれやすいです。かぶれない肌にする
  為に体質改善をします。

かぶれもアレルギー反応の1つなので、花粉症と同じ考えになります。
(誰でもなる刺激性接触皮膚炎ではなく、アレルギー性接触皮膚炎の場合)
気になる方はカテゴリの花粉症の所(4月2日から4月8日投稿分まで)
に載せているので、見て下さい。

自分の経験ですが、自宅の枝を切ると痒くなります。未だに何が原因か
わからないのですが(いつも、まとめて切ってしまう為)お風呂に入ると痒く
なくなります。そのため…
①お風呂は事前に沸かしておく
②お風呂に入る直前に枝を切る
③石鹸でよく洗うようにしている
④シャワーでよく流すようにしている
⑤枝を切った時に使った服は、洗濯する
⑥長袖・長ズボンをできるだけ使う
これを、できるだけ守るようにしています。痒くなる部分は、手首辺りから
ヒジあたりまで。長袖は、かなりの効果がありました。枝を切った後入浴
しないと痒さがひどくなりました。枝を切った後にすぐ入浴すると、赤くなる
程度で痒みはほとんど出ません。
ただコレは私の経験なので、全ての方にあてはまる訳ではありません。
参考までにしていただけると、幸いです。


  
2016.05.07 Sat l 植物かぶれ l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日、店の裏でムカデを見つけましたΣ(ω |||)誰も噛まれなくて良かった…
掃除をする時に使ったバケツの中にいました。どうやら何かのきっかけで
バケツに入り、ツルツルしているので登れなかったようです。
噛まれた時は、ステロイド薬を塗って冷やしましょう。熱でムカデの毒の
酵素を分解する・キンカン(アンモニア)を塗る…などありますが、ステロイド
が良いと思います。
「様子がおかしい」と思った時は、早めに病院に行ってください。

5月6日
当店には、ムカデ用の殺虫剤を用意してあります。団地は5階でも出るそうです…


前回は、かぶれた時の市販のステロイド薬についてお伝えしました。
今回は、かぶれた時の飲み薬についてお伝えいたします。

かぶれた時の飲み薬
①抗ヒスタミン薬
 …ヒスタミンが出ると、痒みなどの症状が出ます。それを抑える薬です。
  レスタミンコーワ等がそうです。
②漢方薬
 …炎症を抑える漢方をお出しします。

当店では、塗り薬では追いつかないほどの症状の時にオススメします。
その時は、塗り薬と併用して使っていただきます。
抗ヒスタミン薬は、眠くなりやすい事と緑内障の方には注意が必要です。
また、風邪薬や車の酔い止め・アレルギーの薬を飲んでいる場合は
飲めません。
漢方薬は、知識と経験がある所で出してもらわないと「効果が…。」
となる場合があります。

「かゆみ止めの飲み薬が見つからない!」…という場合もあるかもしれません。
そんな時のマメ知識として…
ドリエル(眠りやすくする薬)の成分は、抗ヒスタミン薬である。
抗ヒスタミン薬の副作用である「眠くなりやすい」事を利用したのが、
ドリエルです。薬の主作用と副作用をひっくり返すだけで薬の分類が変わる
なんて面白い所でもあり、おかしな事でもありますよね!?
ドリエルも抗ヒスタミン薬なので、緑内障の方や風邪薬やアレルギーの薬を
服用している方などは注意が必要です。

2016.05.06 Fri l 植物かぶれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
家族で好きなマンガは「サンレッド」。末息子も好きなので、「誰が書いて
いるの?」…と聞いたら「くぼたま こと さん」((((;゚Д゚)))))))そうきたか!

5月5日
確かに平仮名で「くぼたまこと」と書いてあるが…。

小さい子供の、面白い所ですよね。読み方もそうですが、「とうもろこし」を
「とうもころし」と言ってみたり、「にしまつや」を「にしやつま」と言ってみたり
しました。「となりのトトロ」で小さい女の子メイちゃんが「お母さんに、
とうもころしあげる」と言っていたのを見て「嘘だぁ!」と思っていたのですが、
まさか自分の子供が言うなんて…(^^;)コレを言ったのは、末息子だけ…


前回は、かぶれた時の非ステロイド薬(塗り薬)についてお伝えしました。
今回は、かぶれた時のステロイド薬(塗り薬)についてお伝えいたします。

かぶれた時のステロイド薬
①プレトニゾロン
 …リビメックスコーワやオイラックスPZ軟膏などに入っています。
②ヒドロコルチゾン
 …テラ・コートリル軟膏やセロナ軟膏などに入っています。
③デキサメタゾン
 …オイチミンやギルメサゾンSなどに入っています。

ステロイド剤は5種類に分かれていています。
市販薬は比較的弱いタイプのステロイドが入っています(一般の方が使っても、
安全に使用できるようにしている為)。
その代わり他の痒み止め等を足して、痒みを抑えるようにしています。

ジュクジュクして痒い時(痛い時)は、化膿しないように抗生物質が入っている
ステロイド薬(テラ・コートリル等)を使うと良いです。

今回はかぶれた時なので紹介しませんでしたが、液体ムヒやウナコーワα等の
虫さされの薬にもステロイドが入っている物もあります。

「どれがステロイドだか、わからない!」…と思われる方にポイントを。
①医薬品の部類を参考にする
 …指定第2類医薬品(表示では、第②類医薬品となっています)は、ステロイド
  が入っている薬が多いです。
②「○○ゾロン」や「○○ゾン」となっている成分はステロイド

すべてのステロイドがこれに当てはまる訳ではないので、参考までにしてください。

5月5日
当店にある、かぶれた時に使うステロイドが入っている薬です。




2016.05.05 Thu l 植物かぶれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は平日です。…しかしなぜか、私の中では祝日気分です(^^;)
子供達を学校に送り出しているハズなのに…。
通勤時もいつもと変わらずの混雑。思ったより普通だったので、夫が驚いて
いました。今日は店の近くの郵便局も銀行も窓口が開いているので、朝から
混んでいました。連休前なのですね…。


前回は、かぶれた時の市販の薬の種類についてお伝えしました。
今回は、市販薬の非ステロイド薬の塗り薬について紹介いたします。

非ステロイド薬(塗り薬)
①抗ヒスタミン薬
 …ヒスタミンが体内に放出される事で、痒みが出ます。この出てしまった
  ヒスタミンを抑えて、痒みを抑える薬です。
  薬の成分としては、ジフェンヒドラミン等です。
②局所麻酔薬
 …皮膚の感覚を麻痺させて、痒みを抑えます。
  薬の成分としては、リドカイン・アミノ安息香酸エチル等です。
③殺菌作用のある薬
 …殺菌する事によって、化膿の予防をします。
  薬の成分としては、イソプロピルメチルフェノール等です。
④ジュクジュクを抑える薬
 …血漿の浸出を抑え、ジュクジュクしないようにします。
  薬の成分としては、酸化亜鉛等です。
⑤潤いを与える物
 …肌に潤いを与える事で、炎症を抑えます。
  グリチルレチン酸等がそうです。
⑥痒み止め
 …抗ヒスタミン薬とは別の作用でなる薬です。
  薬の成分として、クロタミトンがそうです。

ざっと挙げると、このような物があります。市販の非ステロイド薬は、これらを
組み合わせて出来ている薬が多いです。

オイラックスAは、痒み止め成分のクロタミトンの他に炎症を抑える成分や殺菌
作用が入っています。
ラナケインは、痒みを抑える成分のジフェンヒドラミンの他に局所麻酔成分と
殺菌作用の成分が入っています。
レスタミンコーワパウダークリームは、痒みを抑えるジフェンヒドラミンの他に
ジュクジュクを抑える成分や炎症を抑える成分が入っています。

5月2日
当店の非ステロイド薬は、コチラを販売しております。

2016.05.02 Mon l 植物かぶれ l コメント (0) トラックバック (0) l top