FC2ブログ
今日は寒くなりました。…これでも例年よりは気温は高めw( ̄o ̄)w
今シーズンがいかに暖かいのかが、よくわかりますよね。
そういえば、霜も張っていなかったような…。
今日みたいに「寒い!」と急に感じる時は、風邪をひきやすいので
(もちろん、しもやけも)寒さ対策をされて下さい。

1月6日
この温度計は25.4℃!…ストーブのそばだから…( ̄^ ̄)ゞ

前回は、西洋学の「しもやけ」の原因をお伝えしました。
今回は、西洋学の「しもやけ」の治療法についてお伝えします。
①薬を塗る
 …血行促進のヘパリン剤(ユベラ等)が多いようです。
  かきこわした時などは潰瘍治療薬など(亜鉛化軟膏やエキザルベ等)
  も処方されるようです。
②薬を飲む
 …血行促進のビタミン剤や、痒い時の抗ヒスタミン薬(ポララミン等)が
  処方されるようです。場合によっては血管拡張剤(カリクレイン等)も
  処方される事があるようです。

私は子供の頃、よく「しもやけ」になりました。当時、通っていた病院では
「熱いお湯に手をつけなさい」と指導していたようです(子供だったゆえに
どこの病院だか覚えていませんが)。よく母が、ヤケドしない程度の熱い
お湯を洗面器に入れてくれたのを覚えています。母は一生懸命なのに、
私は「熱いの嫌だ~」と言っていました。今思えば、母の気持ちも知らずに
…なんて思いますが(。-_-。)


今回はここまでにします。次回は、漢方(中医学)における「しもやけ」の
なりかた(言い回しが変ですが)について、お伝えします。

1月6日
サロンパスの効能の中にも「しもやけ」があります(〃▽〃)
鎮痛剤と血行促進剤は入っているのは知っていますが、「しもやけ」に…とは
気がつかなかったです…!!!


2016.01.06 Wed l 漢方 しもやけ l コメント (0) トラックバック (0) l top
タイトルにふさわしくない穏やかな天気が、神奈川県秦野市は続いています。
天気は良い割に、朝より空気が澄んでないせいか富士山はあまりキレイに
見えないです(´・_・`)
今年は富士山にも、あまり雪が積もりません。去年は元旦に雪が降り、翌日の
富士山と周りの雪景色がとてもキレイでした(その分、寒かったのですが)。

1月5日
今日の富士山…のはずが見えないΣ(ω |||)


暖かい日の後に急に寒い日がくると、「しもやけ」になりやすいです。
今回は、「しもやけ」についてお伝えします。
まずは西洋学的な原因を。
①外気が寒くなる
②血管が収縮する
③暖かい場所と寒い場所を行き来すると、うっ血する
④うっ血した所で炎症が起こる
⑤「しもやけ」になる

西洋学で「しもやけ」の原因は、血行不良です。
そして血行不良の原因は、血管の構造に関係すると考えられています。
血管の特徴として
①寒くなると、血管が収縮する
②暖かくなると、血管が緩む
③同じ暖かさでも、動脈の方が早く血流が良くなる
④動脈と静脈の間には毛細血管がある
⑤寒い所から暖かい所に行くと、動脈はすぐ血流が良くなるが静脈は
 血流が良くならない
⑥動脈と静脈の血流のタイムラグで、毛細血管でうっ血してしまう

毛細血管でうっ血して「しもやけ」が起こるので、身体の末端にできやすく
なります。

今回はここまでにします。
次回は「しもやけ」の西洋学での治療法をお伝えします。

1月5日
この状態を放置していると、痒みや痛みが出る「しもやけ」に。゚(゚´Д`゚)゚。


2016.01.05 Tue l 漢方 しもやけ l コメント (2) トラックバック (0) l top