FC2ブログ
昨夜秦野は雨が降ったせいか、朝はひんやりしました。
暑い日が続いたあとに急に肌寒くなると、風邪をひきやすいですよね。
なぜ冬みたいに寒くないのに、風邪をひいてしまうのでしょうか?
漢方(中医学)では、こう考えられています。
暖かい日は体が「寒くないので、寒さから守る必要はない。」と考え、
体表にある寒さから体を守る機能を休ませ、体内に納めておきます。
その状態でいつもより寒い日が急にくると、冷えが体の中に入り込んで
風邪をひいてしまいます。
 …盾がない所に槍がきて、体にダメージを与えているような感じです。
(もしかして、そう感じているのは私だけ!?)

皆さま「少し冷えるな」と思ったら、体が温まるように1枚多めに着て下さい。
8月24日の空
今日の空は曇っていて、風が比較的強かったです。…でも写真に撮ると
風があまり強くないように見えます(泣)
スポンサーサイト



2015.08.24 Mon l 漢方 夏風邪 l コメント (0) トラックバック (0) l top