FC2ブログ
先日、末息子(小3)に買い物を頼みました。翌日の朝食のお魚を買ってきて
もらう為です。自宅近くである事、お店の方が末息子の事を知っている事とで
行かせたのですが、帰ってきてから我々を唖然とさせてくれました。
それは、末息子が帰ってきた早々「お母さん、お財布の中に120円残っているから
近くの自販機でジュース欲しいです!」…と言ってきたからです…(゚△゚;ノ)ノなにぃ!?
「おぃっ!それは、お釣りだろ?」と思いながらも「何が飲みたいの?」と聞いて
みました。「ミルクティーが飲みたいの」と言うので、「家でも、すぐに作れるよ」と
返してみたらご本人は納得できず…。末息子が納得できないのと同様に私も
「買い物くらいで、なぜジュースを買わなければならない?」と納得できず。
平行線でも仕方がないので、夫にこの件をふりました。夫は「次女と一緒に
末息子に近くのコンビニまで行って、パックのミルクティー買っておいで」と言って
自分のお財布から小銭を出していました。
…でも、300円かからないお買い物で120円のお駄賃が必要とは…。

2018年4月14日
魚屋さんで飴をいただいてきたのにも関わらず、おねだりしてきました…(#^ω^)


前回は春の精神不安の予防法について、お伝えしました。
今回は漢方(中医学)からの春の精神不安の治し方について、お伝えします。

春の精神不安の治し方~漢方(中医学)編~
肝(かん)の働きが弱くなる事で精神不安になりやすいので、肝の働きが
正常になるように考えます。

①血(けつ)を補充する
 …肝は血を貯蔵する所でもあり、血が不足する事でも肝の働きが弱くなります。
  血を補う漢方薬を使ったり、胃腸の働きを良くして血を作りやすくしたりします。

②肝の流れを良くする
 …血が不足して流れが悪くなっている場合や巡りが悪くて流れが悪くなっている
  場合があります。肝の部分の流れを良くする漢方薬を使います。

③なるべく規則正しい生活をする
 …「肝は風を忌む(かんはふうをいむ)」と言われていて、「気温や気候の変化や
  職場や学校などの環境が変わる事・不規則な生活でダメージを受けやすい」と
  考えられています。漢方薬を飲みながら、負担がかからない程度に生活リズムを
  整える事で早くラクになります。

肝は自律神経系の働きをするので、上記以外でも「朝日を浴びる」「適度な運動」
も一緒にできれば良いです。しかしストレスがかかり過ぎても肝に負担がかかる
ので、「出来る事から少しずつ」という方針になります。


そんな私の職場はコチラ→漢方相談おくすり本舗
店主のブログはコチラ→おくすり本舗のブログ…今は、健康保険についてです。
お時間がある方・興味のある方は見てください。


にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村




  

スポンサーサイト
2018.04.14 Sat l 漢方 精神不安 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは
少しずつ家の仕事のお手伝いをさせるのも
教育の1つと捉えると、お駄賃が割高になり
過ぎるのは好ましくないかもしれませんね。

肝の働きが正常になるようにすること、言わ
れてみれば納得の内容ですね。
2018.04.14 Sat l ichan. URL l 編集
お駄賃・・
おつかいのお駄賃というのはサザエさんのカツオじゃないけど昔から存在している悩ましいあるある話なのかもしれないですね~(笑)
300円以内のお買い物でもお駄賃や行ったお店で飴を貰ってくる息子さんは、たくましい存在と言えるのかもしれないですね~!

春先の不調はよく聞く話ですけど、肝の流れ・規則正しい生活というのも確かに納得いくお話だと
思います。
2018.04.16 Mon l ぬくぬく先生 . URL l 編集
ichanさんへ
基本「家の手伝いなのだから、無報酬」なので、今回のおねだりには参りました。
上の子がそのように育ってきているので、次女に「お前、贅沢だよ」と末息子は
説教されていました。

どうしても季節の変わり目や急な気温差がある時は、肝の働きがうまくいきにくく
なります。症状の大小はありますが、どなたでも体に負担がかかりやすいです。
特にご高齢の方や病弱な方には負担がかかるので、注意が必要です。

2018.04.18 Wed l 薬屋の嫁. URL l 編集
ぬくぬく先生へ
飴をいただいた事を知った時には「こいつ…!」と思いました。
末息子は自販機でミルクティー飲みたかったのか飴をいただいた事を忘れたのか、
飴の事はミルクティーを買ってから飴の件は知りました(><)

春だけでなく季節の変わり目や急な気温差は、どなたでも体調を崩しやすいです。
特に変わった事はしていなくても疲れやすいので、ぬくぬく先生も無理されないで下さい。
2018.04.18 Wed l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/449-db426caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)